イ・ミンホ、虚偽事実の流布及び悪質な書き込みをする人々を告訴

写真拡大

俳優イ・ミンホが悪質な書き込みをするネットユーザーに対する告訴を行う。

所属事務所のMTMエンターテインメントは31日、悪質な書き込みをしたネットユーザーを対象に告訴状を提出したことを明らかにした。

以下はイ・ミンホの所属事務所が発表した全文である。

こんにちは。MYMエンターテインメントです。

当社は俳優イ・ミンホに対する根拠のない誹謗と虚偽事実に基づく書き込み及びコメントを繰り返してきたネットユーザーに対する法的対応を始めます。

MYMエンターテインメントエンターテインメントは、これまで収集してきた証拠をもとに、10月31日江南(カンナム) 警察署に侮辱罪で告訴状を提出しました。彼らはここ数年間ポータルサイトとインターネットコミュニティにイ・ミンホに対する個人攻撃性の書き込みとコメントを掲載して名誉を毀損するなどの不法的な行為を継続的に行ってきました。

人々の関心と愛を受ける俳優であるため、悪質な書き込みを残す人々の誹謗も一定部分甘受しなければならない部分だと思って対応を避けてきましたが、数年間続く行為により、アーティストはもちろんこれを見ているファンの方々の精神的なストレス及び心理的な傷が大きい上、虚偽事実による誹謗と卑下により名誉とイメージ毀損にまでつながるなど、これ以上看過できない水準に至りました。

悪質な書き込みが我慢できない水準に至ったと判断した当社は、アーティストの権益と人権を保護するために法律代理人を選任し、法的対応に乗り出すことになりました。悪質なコメントを残す人々の中で罪の質が悪く、繰り返して不法行為を行う人々を対象に1次告訴を行っており、善処や和解なしに正当な対価を支払うよう、厳正に対応する予定です。

匿名性を悪用して傷付ける行為は明らかな犯罪です。当社はアーティストの保護はもちろん、健全なインターネット文化の定着のために、これからも虚偽事実の流布及び悪質な書き込みとコメントの作成者に対する強力な対応を続けていく予定です。

ありがとうございます。

2016.10.31 MYMエンターテインメント