キル・ウネ、ソ・ヒョンジン&ヨン・ウジン所属のジャンプエンターテインメントと専属契約を締結

写真拡大

女優キル・ウネがジャンプエンターテインメントと専属契約を締結した。

31日、ジャンプエンターテインメントは「最近キル・ウネと専属契約を締結した」とし「キル・ウネは美貌と演技力を兼備した俳優だ。何より演技に対する情熱と無限の潜在力を持っているだけに、今後の発展可能性を高く評価して契約を締結することになった」と明かした。

続いて「キル・ウネが持っている才能を思う存分広げられる環境を設け、様々な分野にかけて着実にフィルモグラフィを築いていけるように全幅的なサポートをするつもりだ。精力的な活動で大衆にもう一歩近づくキル・ウネに多くの関心をお願いする」と伝えた。

キル・ウネは1999年映画「Tell me something」を通じて子役俳優としてデビューした。ドラマ「愛の香り〜憎しみの果てに〜」「キャリアを引く女」「オレンジ・マーマレード」「バラ色の恋人たち」「ゆれながら咲く花」、映画「脱出」「解毒剤はない」などに出演、映画とドラマを行き来しながら活動している。

特に現在放送されているKBS 1TV毎日ドラマ(月〜金曜日まで放送されるドラマ)「愛の香り〜憎しみの果てに〜」のカン・サムウォル役を務め、熱演を披露している。9月にはMBC「キャリアを引く女」に特別出演し、強烈な存在感をアピールした。

キル・ウネと専属契約を締結したジャンプエンターテインメントには俳優ソ・ヒョンジン、ヨン・ウジン、ソン・ウンソ、ソ・イスク、チョ・ミリョン、イ・ヘウンが所属している。