人気女優のヒラリー・ダフ (c)Imagecollect.

写真拡大

歌手・女優のヒラリー・ダフが、恋人で自身のフィットネストレーナーのジェイソン・ウォルシュとネイティブアメリカンの仮装をしたことを謝罪した。

ヒラリーとジェイソンは今年5月に交際が明らかに。そんなヒラリーは現地時間28日に行われたハロウィンパーティー「Casamigos Halloween Party」で巡礼者の、ジェイソンはネイティブアメリカンの仮装をして登場した。しかし、このコスチュームを多くの人から批判されることになった。

ヒラリーは現地時間30日にツイッターに「私のコスチュームで気分を害してしまった人々にとても申し訳なく思っています。適切に考えられていなかったです。私は心のそこから申し訳ない気持ちです」と謝罪。さらにジェイソンもインスタグラムに「無礼のつもりはありませんでした。僕はアメリカの先住民にあこがれの気持ちしかありません」「気分を害してしまった人皆さんに謝罪します」と投稿した。

ヒラリーの謝罪に「最近人々はすごく簡単に腹を立てる」「バカな人がハロウィンを真剣に捉えてしまってかわいそうに」という人々もいれば、自身がネイティブアメリカンだという女性は「なぜあなたのコスチュームが無礼だったか説明するべき。ただ謝るだけじゃなくて。明らかにあなたのファンは分かっていない」とコメントしている。【馬場 かんな】