「オクニョ 運命の女(ひと)」ソ・ハジュン、チン・セヨンの正体を知り“衝撃”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
明宗(ミョンジョン) ソ・ハジュンがチン・セヨンの身分を知って衝撃を受けた。

30日、MBC週末ドラマ「オクニョ 運命の女(ひと)」では明宗(ミョンジョン) ソ・ハジュンがオクニョ(チン・セヨン) の身分を知る内容が描かれた。テウォンはオクニョが大妃に捕まれて死ぬ危機に陥ると最終的に彼女の秘密を明宗に打ち明けた。

テウォンは「これまで殿下に申し上げられなかったことがあります。オクニョの身分に対することです」とし「オクニョの母が東宮殿の宮女だったことを知っていると聞きました。オクニョは中宗大王と宮女の間に生まれた娘、姫様です」と話した。

続いて「オクニョは殿下の妹であり、この国の姫です。オクニョを助けてください」と哀願した。

この日の放送ではオクニョの命を救う代わりにチョン・ナンジョンが放免される展開を見せた。