写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NECは10月31日、防犯カメラなどの大量の映像から特定の時間・場所に出現する人物や、特定の動作をしている人物を高速・高精度に検索する人工知能(AI:Artificial Intelligence)ソフトウェア「NeoFace Image Data mining」をグローバルで販売開始した。価格は2980万円(税別)、今後3年間で関連ビジネスを含め、売り上げ100億円を目指す。

新ソフトウェアは、顔画像に基づいた特定の人物の検索に加え、特定の時間・場所に出現する人物の検索、特定の人物と一緒にいる人物の検索が可能なため、犯罪捜査や迷子の捜索、顧客サービスなどに活用できる。

また、特定の時間・場所に頻繁に出現する人物を100万件の顔データから検索する場合、10秒で検索が可能だという。なお、新ソフトウェアは顔認証技術と類似度をベースにデータをグループ化し、特定のパターンを高速検索する技術「時空間データ横断プロファイリング」を組み合わせている。

新ソフトウェアの特徴として「大量の映像から認識した人物を高速・高精度に検索」「新たな映像に出現した人物をリアルタイムに解析」の2点が挙げられる。

大量の映像から認識した人物を高速・高精度に検索することについては、検索対象の映像から顔認証技術を活用して各人物の認識、特徴量の抽出を行い、抽出された特徴量を類似度別にグループ化し、下層になるほど類似度が高いツリー構造で管理。各グループに設定された類似度を参照することで、照合回数の削減を実現し、特定のパターンで出現する人物の高速・高精度な検索ができるという。

さらに、新たな映像に出現した人物をリアルタイムに解析することに関しては、新たな映像に出現した各人物が既存のどのグループに属するかを各グループの代表的なデータのみと比較することで瞬時に解析・分類。これにより、撮影直後の人物も検索を可能としている。

主な利用用途はセキュリティの強化やマー件ティングの強化が想定されており、セキュリティの強化では犯罪捜査への利用の場合、事件現場周辺のカメラ映像から頻出者の移動経路を解析し容疑者を特定可能なため、事件の早期解決に貢献。加えて、特定の場所に留まっている人物の特定や、特定の人物と一緒に写っている人物も検索可能なため、不審者への警備の強化や親の顔画像をベースにした迷子の捜索にも貢献するという。

マーケティングの強化については、店舗で利用する場合、店舗内のカメラ映像を基に事前登録なしで顧客の来店回数や来店時間、他の系列店舗への来店などの把握が可能となり、これにより時間や場所・移動順路に合わせた店舗の商品・スタッフ配置やイベント計画などを支援し、サービス品質の向上、収益拡大に貢献するとしている。

(岩井 健太)