台日海洋協力対話前、抱擁をかわす邱義仁氏(左)と大橋光夫氏

写真拡大 (全2枚)

(東京 31日 中央社)海洋協力に関するさまざまな事項を話し合う「台日海洋協力対話」の初会合が31日、東京で開かれた。日台双方で主張が食い違う沖ノ鳥(日本名:沖ノ鳥島)をめぐる漁業問題や海難救助、海洋科学研究などの分野について協議される見込みで、進展に注目が集まっている。

冒頭では台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長と日本の対台湾窓口機関、交流協会の大橋光夫会長が握手。行政院(内閣)農業委員会漁業署、同院海岸巡防署(海上保安庁に相当)、科技部(科学技術省)、国家安全会議、外交部の関係者らも出席した。

今年4月には沖ノ鳥近海で操業していた台湾の漁船が日本の海上保安庁に拿捕され、当時の馬英九総統が同地を「岩」だと主張。「島」であり周辺海域に排他的経済水域(EEZ)があると訴える日本との認識の違いから、台湾の漁業に影響が出ている。

外交部の侯清山・政務次長は同日、立法院で報道陣の取材に対し、漁業問題について「台湾漁業関係者の操業の権益を保護することがわれわれの立場」と強調。「岩か島か」の問題に関しては、「国際的な裁判と仲裁を尊重する」との認識を示した。

(温貴香、楊明珠/編集:齊藤啓介)