28日、台湾で行われた最新の世論調査で、蔡英文総統の政権運営に「不満だ」と答えた人の割合が50%近くに達し、過去最高を記録した。資料写真。

写真拡大

2016年10月28日、台湾で行われた最新の世論調査で、蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の政権運営に「不満だ」と答えた人の割合が50%近くに達し、過去最高を記録した。中国台湾網が伝えた。

台湾・中時電子報によると、台湾の世論調査会社「台湾指標民調」が28日公表した最新の調査で、蔡総統の政権運営に「満足している」と答えた人の割合は34.9%、「不満だ」は48.4%となった。今月上期の前回調査からは、「満足している」が2.7ポイント減少したのに対し、「不満だ」は2.0ポイント増加した。(翻訳・編集/柳川)