EXO元メンバークリス、東京国際映画祭・中国映画部門で受賞

写真拡大

中国で俳優として活動しているクリスが国際映画祭で初めて受賞した。

中国メディアの愿臠嬖鵑覆匹28日、クリス(26、本名:呉亦凡) が27日に東京で開催された東京国際映画祭の授賞式で男優主演賞に値するゴールドクレイン賞(金鶴賞) を受賞したと報じた。

東京国際映画祭は今年の授賞式で中国映画部門を特別に開設した。クリスは「すれちがう青春」(原題:夏有喬木 雅望天堂) で披露した抜群の演技力を認められ、中国映画部門の男優主演賞にノミネートされた。これに先立って開幕式でレッドカーペットに登場したと現地メディアは伝えた。

韓国のチョ・ジンギュ監督が演出したこの映画でクリスは、母親と一緒に住む、自閉症の美少年ハモク役を演じた。また映画で俳優ハンギョン、チュウォンと共に呼吸を合わせた。

クリスは授賞式の現場で「主催者側の授賞に心から感謝する。一緒に作業した方々にも感謝の言葉を伝えたい。今後、中国で制作された映画を世界各地のファンたちがたくさん鑑賞してほしい」と話した。