「東京防災」のクリエイティブチームが制作した食べられる防災ブック「東京備食」が発売

写真拡大 (全2枚)

クラウドファンディングサービス「READYFOR」は、2016年度グッドデザイン大賞最終選考にも選出された「東京防災」を手掛けたクリエイティブチームが制作する、食べられる防災ブック「東京備食」を先行販売するプロジェクトを2016年10月28日(金)より開始した。

本製品は防災や備蓄に関する情報を記載した本と共に3食分(1食5品)の備蓄食を合わせた、食べられる防災ブック。1食分は、主食(アルファ化米)、主菜、副菜、汁物、甘味の5品目。被災時に不足しがちな、食物繊維や野菜も考慮してメニューを構成し、ストレス軽減に効果的な甘味も加わっている。

食品の監修には日本料理の名店「賛否両論」の笠原シェフが就任。災害時は精神的にも体力的にもに極限状態だからこそ、栄養のある、美味しい食事を楽しめるよう制作したとのことだ。

東京備食のクラウドファンディングプロジェクトは、募集期間が2016年10月28日(金)〜12月22日(木)23時まで。目標金額は100万円となっており、目標金額に達成した場合のみ、リターンが送付される。3,000円から支援可能で、12,000円から東京備食1セット(5品×3食分)が購入可能となっている。

■東京備食

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・通勤・通学に便利!防犯・耐刃・防水多機能リュック「Bobby」を発売
・ネスレ日本「おとし玉キットカット(ポチ袋付き)」を郵便局で発売
・「アプリ甲子園R2016」決勝大会を開催
・「ボス ラテベース 焦がしキャラメル」期間限定で発売へ
・日本ワインとシャトー・メルシャンの魅力に触れるイベントを開催