写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JPCERT/CCが運営するフィッシング対策協議会は10月31日、緊急情報「LINE をかたるフィッシング」の報告を受けたとして、注意を喚起した。

同日11時の時点でフィッシングサイトは稼働中であり、JPCERT/CC にサイト閉鎖のための調査を依頼中だという。

LINEでは、ヘルプでLINEをかたった連絡が届いた場合の対処を公開しているが、同社から送信しているドメインとして、以下を挙げている。

・@accept.line.me
・@naver.jp
・@line.me
・@noti.naver.jp

上記以外ののドメインから送信されたメールはLINEをかたっていることになるので、注意が必要。

判明しているフィッシングサイトのURLは「●●●●.pw/dialog/oauth/weblogin.htm」とのこと。

フィッシング対策協議会は類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるので、引き続き注意するよう呼びかけている。