(写真=藤井美菜Instagram)

写真拡大

韓国男性を虜にしている日本の女性タレントがいる。藤井美菜がその人だ。

「日本から来た女神」「韓国を愛する日本の女性タレント」などと呼ばれ、「微笑が美しい女優」などとも表現されている。

ハングルが流暢な清純派

去る9月8日には「ソウル・ドラマアワード2016」授賞式に参加し、「アジア・スター賞」(女性部門)に輝いた。その場で藤井美菜はこう述べている。

「韓国でデビューしてから4年が過ぎました。今回、このような素晴らしい賞をもらうことができて、本当に不思議に思うし、光栄です」

流暢なハングルでコメントしたのだった。

「10年前に韓国ドラマを見てから関心を持ち、韓国語の勉強を始めました」と話していた彼女は、1988年7月15日生まれ。2006年に公開された映画『シムソンズ』でデビューし、2009年には東方神起の『どうして君を好きになってしまったんだろう?』のミュージックビデオにも出演している。

2012年から本格的に韓国での活動を開始。同年のSBSドラマ『ドラマの帝王』に出演し顔を知られるようになったが、韓国ブレイクのきっかけは、バラエティ番組『私たち結婚しました』だろう。

『MAXIM KOREA』でセクシーさも披露

芸能人同士が“仮想夫婦”となって新婚生活を送る同番組。そこで藤井美菜は「FTISLAND」のイ・ホンギとカップルに。2013年4月から放送され、新居での生活や沖縄旅行する姿が映され、その美貌や愛嬌に注目が集まった。

また、韓国で人気の男性誌『MAXIM KOREA』2015年9月号の表紙にも登場。「清純のアイコン、藤井美菜」と題され、セクシーな姿を披露している。
(関連記事:篠崎愛が表紙を飾って完売!! 衝撃の男性雑誌『MAXIM KOREA』とは

同誌のインタビューにて「新しい自分の姿を見ることができて良かった」と語り、自分が最もセクシーに見える場面については「シャワーした後、髪が濡れているときが一番セクシーに見える」と答えている。

また、最もセクシーな自分の体の部位についても言及。

「太ももが一番かもしれない」と笑顔で答えたそうだ。

その後も精力的に活動しており、バラエティ番組や映画『猟奇的な彼女2』などにも出演している。

自然な美貌で清純なイメージに加え、ハングルにも堪能ということで、韓国で人気爆発中の藤井美菜。さらにセクシーさも備わっているだけに、韓国では今後も人気が続きそうだ。

(文=S-KOREA編集部)