優勝トロフィーを高く掲げるキャプテンの坂井(10番)。PK戦では一番手を務め、独特の手法でキックを成功させた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[U-19アジア選手権・決勝] 日本0(5PK3)0サウジアラビア/10月30日/バーレーン
 
 サウジアラビアとの120分間に渡る死闘の行方は、PK戦へと委ねられた。

【PHOTO U-19アジア選手権 @試合】PKでサウジアラビアに勝利し悲願のアジア制覇 
 
 先攻の日本は主将の坂井大将(大分)が一番手に登場。思い切りのいい助走を取るのではなく小さなステップを刻みながらボールに近づくと、GKの重心が左に傾くのを確かめて逆方向へキックを成功させた。
 
 その手法はまるで遠藤保仁(G大阪)のそれと瓜二つだ。試合後、本人に質問をぶつけてみると、やはりこのような答が返ってきた。
 
「小学校の時、遠藤選手があの蹴り方をしているのを見てすごいなと思ってから真似るようになりました。自分で勉強して、GKの重心を見てやっていますね」
 
 驚くべきはその成功率だ。本人曰く、小学校の終わり頃からこのキックを取り入れてから、「公式戦では外したことはない」という。
 
「みんなもあの蹴り方するのは知っているし、たぶん外したところも見たことがないんじゃないかと。試合中のPKキッカーも(内山)篤さんが僕に任せてくれている」
 
 公式戦で成功率100パーセントを誇る坂井のキックで流れを引き寄せた日本は、その後も4人全員が成功。表彰式で優勝トロフィーを高々と掲げた主将は、PK戦でも重要な役割を果たしていた。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)