写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京商工リサーチは10月28日、「KYC(Know Your Customer) Batch」の販売を開始した。

KYC Batchは、顧客から預かったチェック対象リストの企業に対し、世界最大級の企業情報サービス会社のD&Bで保有している情報と、公的機関から発行されている4つのリストと照らし合わせ、効率的なスクリーニングを実現。

また、D&Bが保有するリンケージ情報が含まれたデータを求めることにより、取引先の実質的所有者(Global Beneficial Owner:GBO)の確認を行い、各国で求められている「実質的支配者の確認」にも対応することができる。

また、腐敗防止の観点から厳格なチェックが必要とされる政治家など、公的に高い地位の人物(PEPs)と取引先の関連についても確認できる包括的なコンプライアンスリスクのチェックが可能なサービスとなっている。

主な提供メニューは、「スクリーニング結果の概要」「主要な制裁リストへの該当有無」「金融規制を行う当局のリストへの該当有無」「上場している株式市場の情報」「D&B Worldbase(海外企業データベース)」「GBO(実質的支配者)」。納品形態は、提供データ項目で区分された2種類のフォーマット「KYC Standard(ファミリーツリー・リンケージ含む)」「KYC Linkage Plus(少数持ち株情報含む)」にて、顧客のニーズに幅広く対応する。

(Aries)