日本旅行を経験した中国人が、「旅行後に称賛するポイント」には共通点があるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本旅行を楽しんだ中国人は、観光地そのものよりも、「日本で目にした細部へのこだわり」を称賛すると紹介し、「日本を見ていると、偉大なことは細部へのこだわりから生まれることが分かる」と主張する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本旅行を経験した中国人が、「旅行後に称賛するポイント」には共通点があるという。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本旅行を楽しんだ中国人は、観光地そのものよりも、「日本で目にした細部へのこだわり」を称賛すると紹介し、「日本を見ていると、偉大なことは細部へのこだわりから生まれることが分かる」と主張する記事を掲載した。

 記事はまず、中国人旅行客は日本滞在中は文化的な建造物に感動したり、東大寺のかわいい子シカにメロメロになったりするものだとしながらも、帰国後に日本旅行を振り返ってみると、特に印象に残っているのは日本人の礼儀正しさや時間を守る習慣、清潔さといった「些細なこともいい加減では済ませない精神」であると主張した。

 続けて、「些細なこともいい加減では済ませない精神」として、「公共バスで提供される質の高いサービス」を紹介。乗客の昇降時には車体が傾き、お年寄りや子どもが乗降しやすいよう工夫されており、運転手が一人ひとりの乗客に丁寧にお礼を言うと伝え、中国では絶対に遭遇することのない「優れた顧客体験」であると絶賛している。

 続けて、「使う人の立場になって考えられたトイレ」も称賛している。特に、トイレットペーパーが無料で設置されているだけでなく、予備までしっかりと設置されていることを称賛。また、子ども用のベビーチェアもあり、子どもを抱える保護者目線の気遣いに感動した様子だ。

 また記事は、日本の「生真面目なまでのゴミ回収方法」からも「何事も細部まで手を抜かない日本人の国民性が見て取れる」と主張。牛乳パックは切り開いたうえで洗い、乾かして回収することに驚いた様子だ。中国でも一部の都市でゴミの種類に応じた分別が行われているとしながらも、「中身を洗ってゴミに出す」という習慣がないため、ビンや缶、牛乳パックの内部に残っていた液体が漏れ出して周囲を汚してしまうことは多々あると伝えている。

 中国にも公共バスや公衆トイレ、そしてゴミ分別は存在する。だからこそ、中国人旅行客は日本と中国の「違い」に気付くのだろう。中国の公共バスでは乗客のために車体が傾く気遣いや、運転手による感謝の言葉はなく、中国ではトイレットペーパーやベビーチェアが設置されているトイレはほとんどない。そして記事は、こうした違いをもたらしているのは、中国人から見れば「些細なこと」も「いい加減では済ませない日本人の精神」であると分析しており、「こうした細部にまで気を配ることこそが日本の文化」であり、何事もいい加減では済ませない日本人の精神こそが日本を偉大な国にしたのだと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)