(gettyimages)

写真拡大

27日、はてな匿名ダイアリーに投稿された、上司になった人物がここ1年間で行った工夫が、注目を集めている。

自称「下っ端営業マンだった」というこのユーザー。30歳にして、数人の部下を率いる部署のトップに立ったという。そんなユーザーが就任から1年間で行った改革と、その結果生まれたホワイトな職場環境がはてなブックマークを1500以上集め、絶賛のコメントが相次いでいるのだ。

上司になって以来、ユーザーは「毎日のように徹底的に効率化に励んだ」という。細かい手順やルールまでその根拠を洗い出し、「徹底的に無駄を省いた」とのこと。

それ以外にも働き方、コミュニケーションなどにおいて、計10個の改革を行ったようだ。たとえば「定時退社おばけになった」と題した項では、定時になると部内を歩き回り、残る社員に対して残業の内容を簡単に聞き、翌日でもよいものについては退社を促したほか、有給休暇の取得についても積極的に声掛けをし、部下の子どもの行事がある時期には「有給使いません?」と自ら話しかけることを習慣づけたという。

コミュニケーションについては、部下に「仕事に差し支えない程度で、雑談をふりまくった」ほか、頼んだ仕事に対しての感謝の言葉を忘れなかったとのこと。また、部下に仕事を振るときには必ずその仕事の背景、文脈を伝えているようだ。顧客からのクレームや他部署への申し立ても、自身に話が来るように1本化したとのこと。

こうしたことを心がけながら、自分自身については「必ず最後に帰っ」ていることや、「自分の仕事に絶対に妥協しない」ことを明かしている。

計10項目にわたるこれらの工夫を実践した結果、社員は定時退社をしながらも、業績は前年の1.5倍に上がることとなったそうだ。来年には新卒の新入社員も配属されるようになったらしい。

ユーザーは文末で「何かまだまだやれるような気がしてならない」とさらに向上したいと希望を語る。「よかったら、はてなの皆さんの『実録!尊敬する上司』を教えてください」とはてなユーザーに呼びかけているが、この投稿に対しては「(尊敬する上司は)明らかにお前だよ言わせんな恥ずかしい」「お前が欲しい」「若手や同年代のチームを率いるプレイングマネージャーとして完璧に近い」といった賛辞のコメントが相次いでいる。

【関連リンク】
初めて上司になって1年が経った(はてな匿名ダイアリー)

【関連記事】
残業厳禁を1年間続けた結果が話題「他人の仕事を進んで手伝わなくなった」
教員が保護者に悲痛の訴え「私たち教員にも休む権利をください」
Yahoo!知恵袋に投稿された彼氏に対する不満に反響「執拗に韻を踏んできます」