堂安律がU19選手権のMVPに選出 5試合に出場し大会制覇に貢献

写真拡大

 AFC U−19選手権・決勝が30日に行われ、U−19日本代表とU−19サウジアラビア代表が対戦し、PK戦の末に勝利を収めた。試合終了後、AFC(アジアサッカー連盟)は今大会のMVP(大会最優秀選手賞)を発表し、MF堂安律(ガンバ大阪)が選ばれた。

 AFCの公式サイトによるとMVPに選ばれた堂安は、「大会を通じて良いパフォーマンスができたとは思わなかったので、MVPで名前が呼ばれたときには驚きました」とコメント。「正直に言うと、もっと得点とアシストを記録したかったです。チームに貢献したかったです。望んでいたよりも良いプレーはできませんでした」と続け、今大会のプレー内容に満足していない様子を示した。

 それでも、MVPの受賞にあたって堂安は、「自分一人でとった賞ではなく、チームの残りのみんなが一生懸命にやった結果だと思います。チームメートに感謝したいです」とともに戦った仲間を称えた。

 背番号「15」を着用して今大会に臨んだ堂安は、準決勝を除く5試合に出場。5大会ぶりとなるU−20ワールドカップ出場権をかけた重要な準々決勝のU−19タジキスタン代表戦では得点をマークした。

 U−19日本代表はアジア王者として来年5月から6月にかけて行われる2017 FIFA U−20ワールドカップに出場することが決定。同大会は全24カ国で開催され、韓国で行われる。