30日、中国と台湾の統一や独立をめぐって、双方で強硬姿勢も見られている。写真は沙祖康氏。

写真拡大

2016年10月30日、中国と台湾の統一や独立をめぐって、双方で強硬姿勢も見られている。中国台湾網が伝えた。

台湾の実業家で中国からの独立を訴える辜寛敏(グー・クワンミン)氏は先日、中台問題について戦争が起きたらどうするのかと聞かれた際、「望むところだ!中国は台湾を攻撃する度胸があるのか?」と強い姿勢を見せた。辜氏の発言に対して専門家の中には「台湾人を危険に陥れる」として批判する声も聞かれている。

一方、中国では先日、中国人民解放軍南京軍区副司令官の王洪光(ワン・ホングアン)氏は「台湾を武力統一する可能性がある。上陸作戦をしなくても手に入れることは可能だ」と寄稿記事で語った。王氏は、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が台湾の創建記念日にあたる「双十節」で「我々の立場は不変であり、(中国の)圧力に屈することはない」と述べたことや、中国側が対話の条件とする「(台湾と中国は一つの国だとする)一つの中国」の原則を完全には認めなかったことを厳しく批判している。

さらに、元中国外交官で元国連副事務局長の沙祖康(シャー・ズーカン)氏は、「国連に駐在する米国代表と対話した際、台湾は中国にとって非常に重要であり『台湾が独立を宣言した時、中国人民解放軍は台湾に降り立つ』と伝えた。中国は米国の干渉を望まない」と取材に応えている。(翻訳・編集/内山)