手に馴染むコンパクトボディに充実の性能を盛り込む

写真拡大

NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia X compact SO-02J」を2016年11月上旬に発売する。

最適充電でバッテリーの長寿命化を実現

約4.6型TFT「トリルミナスディスプレイ for mobile」(1280×720ドット)を搭載。背面は陶器のような光沢感があり、コンパクトで手にやさしく馴染み一体感のある「ループデザイン」を採用。

約2300万画素CMOS、暗いシーンでの高速AF(オートフォーカス)を実現するレーザーAF、光源を認識・調整し、目で見たままの色彩を再現するRGBC-IRの、3つのセンサーを搭載。どのようなシーンでもカメラ任せで美しい撮影が可能だ。約510万画素インカメラに向かって手のひらをかざすだけで自分撮りできる「ハンドシャッター」機能を備える。

CDを超える高音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源に対応したほか、MP3など圧縮音源でもハイレゾ相当に高音質化する独自の「DSEE HX」を搭載。

バッテリー容量は2700mAhで、連続待受は約540時間、連続通話は約850分(いずれもLTE)。状態に応じた最適な充電により、2年使用しても劣化しにくいバッテリーの長寿命化を実現した。

OSは「Android 6.0」をプレインストール。ヘキサ(6)コアプロセッサー、メモリーは3GB、内蔵ストレージは32GB。microSDXC(最大256GB)。IPX5/8防水、IP6X防塵性能を備える。Bluetooth 4.2をサポート。

カラーはMist Blue、White、Universe Black、Soft Pinkの4色。