今大会のMVPに輝いた堂安。5試合で1得点と結果は物足りなかったが、切れ味鋭い突破で再三チャンスに絡んだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部

写真拡大 (全2枚)

[U-19アジア選手権・決勝] 日本0(5PK3)0サウジアラビア/10月30日/バーレーン
 
 サウジアラビアの猛攻を120分耐え続け、迎えたPK戦を制したU-19日本代表がついに念願の初タイトルを獲得した。

【PHOTO U-19アジア選手権 @表彰式】悲願のアジア制覇を達成し喜ぶ選手たち

 

 
 試合終了後、にわかにその動向が注目されたのがMVPの行方だ。有力候補として、6試合を通じて無失点に抑えたDFから選出されるとの憶測もあったが、実際に表彰式で発表されたのはMF堂安律(G大阪)だった。
 
「正直、自分が貰えるとは思ってなかった。(大会を通じて無失点に抑えた)守備陣にはお礼を言いたいくらいだし、ずっと使い続けてくれた監督にも感謝しかない。チームみんなのおかげで獲れたタイトルだと思っています」
 
 本人も想定外だったMVPの獲得――。「今大会を通じての出来には満足していない」と言うように、堂安は特筆すべき活躍を遂げてきたわけではない。大会開幕当初はコンディションが上がらず、バイタルエリアでボールを受けても打開力を発揮し切れずにいたのだから、MVPと言われてもピンと来なかったのだろう。
 
 それでも、「1試合1試合、反省しながらトレーニングを積んでいるので良くなると思う」と平然と言ってのけるメンタリティは‶らしさ″であり、それを実行させてしまうのだから大したものだ。
 
 タジキスタンとの準々決勝では、開始8分に右サイドから正確なクロスを送り小川航基(磐田)の先制点をお膳立てすると、19分に自らの左足から鮮やかな軌道を描いたシュートを叩きこんだ。「(ボールを)失う回数も少なかったし、行く時といかない時の判断が今日は良かった」と、ポジティブな言葉が漏れたことに誰もが期待を抱いた。
 
 迎えたサウジアラビアとの決勝戦。結論から言えば、特大なインパクトを残すほどの活躍はできなかった。堂安自身のコンディション云々ではなく、体格で上回る相手との勝負で後手を踏む局面が多かったというのが妥当だろう。
 
 マッチアップしたDFをいなすことができなかった部分には、正直に「悔しかった」と告白する。しかし、よほど悔しかったのか「強かった」という言葉は一切口にしなかった。チームの戦いぶりに話を向けてみても「内容が駄目だとか言われると思うんですけど勝てばいい。実際、優勝しましたからね」と、強気の姿勢を貫くあたりは彼自身が持つ人間性の現れと言えるだろう。
 
 一方で「5試合で1点でしょ。全然ですね」と、自らの出来に駄目出しをするあたりも彼の良さである。「世界にはもっとすごい相手がざらにいるので、そういう相手にも負けないように頑張りたいと今から思っています」と、早くも次のステージを見据えていた。
 
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)