声優としても活躍中 (C)mixi,Inc. All rights reserved.

写真拡大

 俳優の北大路欣也が、人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の劇場版長編アニメ「モンスターストライク THE MOVIE」で声優を務めることがわかった。面倒見のよい昔かたぎなキャラクター・石橋健太郎に扮する。

 2013年にリリースされ、全世界累計利用者数3500万人以上を誇る「モンスターストライク」(モンスト)は、15年10月にオリジナルアニメがYouTubeで配信開始。世界累計再生回数1億回を突破し、ゲームファン・アニメファン双方からの支持を集めている。劇場版では、時空を超えて現れたモンスターによって仲間の1人が過去の世界へ飛ばされたことをきっかけに、主人公・焔レンたちの失われていた記憶をたどる冒険が幕を開ける。

 北大路は俳優業だけでなく、「アシュラ」「劇場版トリコ 美食神の超食宝(スペシャルメニュー)」「ONE PIECE FILM GOLD」といった話題のアニメで声優を務めている。本作で演じる石橋はレンたちの前に現れ、新たな一歩を踏み出すきっかけを作る役どころだという。北大路は「私が演じた石橋健太郎は、島根の出身です。各地の方言は今まで、たくさんやったことがありますが島根の方言というのは今回初めてでした。ほっこりとしたリズムがその土地の心、ぬくもりを感じます」と役への愛着を語る。

 作品については、自身の幼少期と重ね合わせて「僕の小学生時代というのは、毎日が冒険でした。とにかく知らない世界に入ってみたい!という好奇心が旺盛(おうせい)でした。近くにあった川や山や畑で、毎日皆で遊んでいました。僕の少年時代は、戦後で何もない時代でした。そこから時代が大きく変化しました。昔のよさも、今のよさも、その過程のよさもあります。この映画も一見デジタルな世界観に見えますが、少年たちが育んでいくものは昔も今も変わらない友情です」と語り、本作が見るものを選ばないジュブナイル作品であることを印象付ける。

 「ガンスリンガー ストラトス」で知られる江崎慎平監督は、「北大路さんが石橋役を演じて下さることに“驚き”と同時に“面白さ”があると感じました」と喜びを語る。「石橋はぶっきらぼうな外見と優しい中面というギャップ、さらに島根の方言がある難しい役でした。しかし、北大路さんはすぐに自分のものにしていました。北大路さんの中にある愛情がこの石橋にも宿り、この映画自体が地に足がつく感じがしました。北大路さんが、更にこの映画に説得力を与えて下さりました」と最敬礼だ。

 「モンスターストライク THE MOVIE」は、YouTube版からのキャストに加え、坂本真綾、村中知、水樹奈々、山寺宏一ら人気声優が新たに参加する。12月10日から全国公開。