パワーの源!?申ジエが食事へのこだわりを熱弁(撮影:小路友博)

写真拡大

<樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 最終日◇30日◇武蔵丘ゴルフコース(6,580ヤード・パー72)>
 最終日に6つスコアを伸ばし、逆転で今季3勝目を挙げた申ジエ(韓国)。最終ラウンドに伸ばしてくることから“ファイナルラウンドクイーン”の異名を持つが、「最近はスパートできていなかった。体力、食べ物など足りないものがあるのか」とここ最近は悩んでいたという。
今季3勝目!貫禄の逆転Vを果たした申ジエ
 
 それを解消するために、日本女子オープン後は2週間試合を休み千葉で10日間トレーニングメインの合宿を張った。そして食べ物については「何でもいいから量を多く食べるようにしている」とのこだわりを話した。
 「最近、若手の選手は太らないように、美容のために量を減らしたりしているけど、体力を付けるためにはしっかり量を食べることが大事。何よりも一生懸命食べることが私のステータス。体重を増やすことは難しいけど、維持することが大事」。食事の大切さを熱弁した。
 なお、時間もたっぷりとるのがジエ流。「朝ごはんも基本は45分ぐらいかけて食べます。横のテーブルは15分ぐらいで終っていてビックリ」。朝にじっくり栄養を摂取することがパワーの源になっている。なお、一番の大好物はわかめスープと韓国のりだそうだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>