容疑者の身柄拘束に地域で大きな差 首都圏は勾留請求の却下率が上昇

ざっくり言うと

  • 容疑者の身柄拘束に地裁・簡裁別で大きな差があることが分かった
  • 2015年の却下率は東京が8%だったのに対し、大阪は2%、名古屋は1%と低調
  • 公判前整理手続きの導入により、保釈を認めたりする傾向が強まったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング