琵琶湖でハスが消失 原因は土壌環境の悪化だったと判明

ざっくり言うと

  • 滋賀県草津市の琵琶湖岸にある烏丸半島から名物のハスが消えた
  • 調査の結果、ハス自身が成長の過程で生育環境を悪化させていたと判明
  • 40年以上にわたり湖底に葉や茎が積み重なり、土壌内が酸欠になっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング