「技能実習制度」で来日した外国人が5年間で1万人超失踪 約半分が中国人

ざっくり言うと

  • 「技能実習制度」で来日した外国人の失踪が2015年、5800人を超えた
  • 失踪した全体の約半分が中国人で、2011年から5年間で計1万人超が失踪
  • 多くが不法滞在となっているとみられ、捜査当局は警戒を強めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング