'17年放送の新春ドラマSP「釣りバカ日誌」にゲスト出演する小倉久寛、比嘉愛未、荒川良々、竹内力(写真左から)/(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹

写真拡大

テレビ東京系で'17年の新春ドラマスペシャルとして復活する「釣りバカ日誌 新入社員 浜崎伝助」に比嘉愛未、荒川良々、小倉久寛、竹内力が出演することが分かった。

【写真を見る】三重・伊勢志摩ロケで濱田岳、比嘉愛未、西田敏行が楽しそうな様子を公開!/(C)やまさき十三・北見けんいち・小学館/テレビ東京/松竹

本作は'15年10月期に放送された濱田岳主演のコメディードラマの特別編。

連ドラは、国民的映画シリーズ「釣りバカ日誌」が初の連続テレビドラマ化ということ、また、映画で主人公を長年務めた西田敏行が、ドラマではスーさん役を演じたことで話題になった。

SPドラマは出張編として、舞台を三重・伊勢志摩に移し、ハマちゃん(濱田)、スーさん(西田)、ミチ子(広瀬アリス)、佐々木部長(吹越満)らおなじみのメンバーが騒動を巻き起こす。

今回、比嘉が演じるのは、ハマちゃんが学生時代に恋焦がれた船宿の娘・矢島亜季。比嘉はこの役でキャリア初の母親役に挑戦する。

入社2年目にして初めての出張で伊勢・志摩にやってきたハマちゃんは、偶然にも亜季と再会し、物語が動いていく。

浅野太プロデューサーは「強く美しい若き母親の役を、近年ますます大人の女性の魅力を備え、幅広い役を演じ分けている比嘉愛未さんにお願いしました」と起用理由を説明した。

さらに、荒川は亜季の夫・矢島健二役、小倉は亜季の父親・岩田源造役、竹内はドラマの鍵を握るキーパーソンとして出演する。

比嘉からオフィシャルコメントが届き、メッセージは以下の通り。

■矢島亜季役・比嘉愛未コメント

――オファーを受けた時の感想を教えてください。

国民的人気シリーズ「釣りバカ日誌」に参加できるとは思っていませんでした。お話いただいた時は、純粋にうれしかったです!

伊勢・志摩に行ったのは初めてでした。神秘的な雰囲気と、港町の懐かしさが混じり合う、とても魅力的なところでした。海がきれいで、鯛やブリやボタンエビなど、食事がすごくおいしかったです!

――初めてのお母さん役に挑戦して、いかがでしたか?

人生初の、子供がいる役です。女優という職業を長く続けていきたいと思っていますので、元々いつかはお母さん役をやってみたかったんです。

ただ、このタイミングでお話をいただいたのは意外でした。新たな役柄への挑戦ですね。「釣りバカ日誌」がお母さんデビューでうれしいです!

――ハマちゃん&スーさんの印象はどうでしたか?

今回の撮影で、初めて濱田さんと西田さんにお会いしました。濱田さんは、コミカルなお芝居の印象が強かったのですが、実際にお会いしてみると普段は寡黙な方ですね。

一方で西田さんはいつも冗談を言って現場を和ませてくださっています(笑)。そんな対照的な2人のコンビネーションが素敵でした。

今回の特番だけではなく、このまま2人のハマちゃんスーさんコンビで「釣りバカ日誌」が続けば良いなあって思います!