イエローハット創業者、NPO「日本を美しくする会」相談役 鍵山秀三郎氏

写真拡大

仕事を進めるうえで最も大切なのは、取引先や顧客、あるいは上司や部下、同僚との信頼関係を築くことだ。信頼をつくり上げるもの、そしてそれを壊すものは何なのか……それぞれの道で認められた「仕事の神様」に聞いた。

鍵山秀三郎氏の朝は早い。毎朝6時には掃除を始めるからだ。鍵山氏は「日本を美しくする会」を立ち上げ、経営の最前線から退いた後も掃除活動をしている。この日もまだ日が昇らぬうちに仲間が集まり、公園の掃除に汗を流していた。掃除をすることが、なぜ信頼につながるのか。

まわりから信頼を得るにはどうすればいいのか。ドイツの哲学者ディルタイは「信頼は相手のために払った犠牲の質と量に比例する」と言いましたが、私も同感です。本物の人間とは、言っていることとやっていることが同じ人です。もっともらしいことを言う人はたくさんいますが、口だけではいけません。実際に行動して何か犠牲を払っている相手に、人は信頼を寄せるのです。

■掃除を続けるうち、周囲に変化が

私の場合、それが掃除でした。社内はもちろん、会社周辺も掃除します。トイレ掃除では、便器の中の水濾しも取り出してきれいにします。どんなに汚くても、手で徹底的に洗います。そうした積み重ねによって、まわりへの説得力がついてきます。

1976年、イエローハットの本社を北千束に移したときです。前にいた会社がいい加減だったようで、何も関係がない私たちまで近所の人から目の敵にされました。しかし、近隣のゴミ拾いをはじめ、駅の改札の外を掃除するうちに、反応が変わった。もっとも批判的だった隣の家の人も「この土地をあなたのところに買ってほしい」とまで言ってくれました。掃除を続ける姿には、やはり人の心に響くものがあるのです。

その後、中目黒に引っ越したときも同じことが起きました。最初は歓迎されませんでしたが、近隣地区一帯と近所の公園の掃除を続けているうちに変わってきて、手伝ってくださる地域住民の方も出てきました。いまはまた本社は移転しましたが、目黒川沿いの落ち葉を集め堆肥にするスペースを借用していることもあり、公園の掃除は続けています。

冬は辛いですよ。朝早く、ふるえるような寒さの中で掃除をするのは、何年も掃除している私にとっても、けっして愉快なことではない。ところが、今日は眠いからといってやめてしまうと、「あいつはやっぱり口だけだ」となってしまう。昨日までやってきたことを無駄にしないためにも、継続することが大切です。

ただ、掃除はあくまでも目的・目標を実現するための方法であることを忘れてはいけません。私は社員にいい人間になってほしい、社会、国をよくしたいという願いを込めて、掃除をしています。このように目的が定かなら、それを実現するための手段・方法は自分の中から湧いてきます。私にとって掃除は、人から押しつけられたものではなく、自分の中から出てきたものだからこそ、辛くても耐えられるのです。

----------

(左)イエローハットの創業者でありながら、そのかたわら60年間トイレ掃除を実践し心を磨き続ける。(右)2014年1月4日の午前6時、目黒区の菅刈公園に集合した「日本を美しくする会」メンバーと近隣住民で恒例の清掃が行われた。

----------

■多くの人が欲望と目標を勘違い

では、目的や目標はどこから生まれるのか。日常でなすべきことをきちんとやれば、自然に見えてくると思います。普段やるべきことをやっていない人が掲げるのは“欲望”です。多くの人が挫折してしまうのも、自分の欲望を目的・目標と勘違いしているからではないでしょうか。

そもそも私が掃除を始めたのは、いまから約60年前です。自動車用品の商社に勤めていましたが、当時は業界全体が荒んでいて、社員やお客さんの言葉遣いが粗暴でした。悪しき習慣を変えないといけないと思って掃除を始めたのです。最初はずいぶん先輩からいじめられました。それでも粘り強く続けていたら、客層が変わってきて、それまで寄りつかなかったスポーツ選手や歌手が来るようになりました。

独立後は、さらに掃除に力を入れるようになりました。昔は慢性的な人手不足だったので、社員を募集しても、いろんな会社を転々としてきたような人ばかりやってきます。そうした人たちはルールを守るとか物を大事にする意識が薄く、営業車でよく事故を起こしました。そこで始めたのが車の掃除です。うちではみんなで一台ずつ、流れ作業できれいにしていきます。このやり方がよかったのか、事故は激減しました。

営業車がきれいになると、車の停め方から客先での態度まで、社員の行動が一つ一つ変わってきます。それを見たお客さんも、「あそこの社員は違うね」と言ってくれるようになる。そうやってイエローハットは少しずつお客様から信頼してもらえる会社になっていったのです。

ただ、掃除をすればすぐにいい影響が出るというほど甘くありません。教育の神様といわれた森信三先生は、「教育とは流れる水の上に文字を書くような儚いものだ。だが、それを岸壁に刻み込むような真剣さで取り組まなくてはいけない」と言っています。掃除のすばらしさも、簡単には伝わりません。辛抱をして、粘り強くやっていくことが肝要です。

掃除をして世の中に少し反応が出てきたのは、始めて30年経ったころでしょうか。それまでは無関心な人がほとんどでした。ある大学教授からは「掃除は経営者の仕事ではない。掃除は社員にやらせて、もっと経営者らしい仕事をしろ」とまで言われました。その考えには、いまでも納得できません。社員は就業規則に従い動くのではなく、会社の社風に沿って動きます。社風が悪い会社では手抜きが横行するし、逆に社風が清廉な会社だと、社員もそのように動く。その社風をつくるのは経営者の役目です。だから、社長自らトイレ掃除をして、何が悪いのかと。

社外の人から「掃除のやり方を教えてほしい」と声がかかるようになり、少しずつ輪が全国に広がり、いまに至っています。1回の掃除では何も変わりませんが、積み重ねることで信頼に変わっていく。掃除には、そんな力があると信じています。

▼掃除で信頼されるには?

----------

【×】口だけもっともらしいことを言う――「今日は眠いから明日にしよう」など言い訳をする
 ↓
【○】実際に行動し、積み重ねる――すぐに影響は出ないが、続ける姿にまわりが変わってくる

----------

----------

【×】押しつけられた仕事としてこなす――普段やるべきことをやらない人間が掲げるのは目標ではなく欲望
 ↓
【○】目標や目的をもつ――自分の中から出てきたものこそ、辛くても耐えられる

----------

----------

イエローハット創業者、NPO「日本を美しくする会」相談役 鍵山秀三郎
1933年生まれ。53年デトロイト商社入社後、61年ローヤル(現イエローハット)を創業、社長就任。98年、同社相談役に。創業以来続けている掃除に多くの反響があり、現在も掃除を続けるかたわら全国で講演活動を行う。『凡事徹底』など著書多数。

----------

(村上 敬=構成 石井雄司=撮影)