平日も娘2人と一緒の時間がたっぷりある。普通の家事と違って、予測がつかないことも。

写真拡大

一言で「主夫」といっても、家事の分担度はさまざま。兼業主夫2人と専業主夫1人の24時間に迫りました。キャリアを築きながらプライベートも充実させる、時代の先取り夫婦の知恵がつまっています。

中村シュフさん
【仕事】夫:主夫芸人 妻:専門職【家族構成】夫、妻、娘2人【家事分担率】9:1

中村シュフさんは、主夫のかたわら、“パート”で主夫芸人としてメディアに登場し、さらに家庭科の教員免許を持つという異色の経歴の持ち主。

「高校は男子校でしたが、僕が入学する前年の1994年から、高校の家庭科が男女必修になったんです。担当の先生の『これからは男性が家庭科を学ぶ必要性が高くなる』という言葉がすごく心に響きました」

大学は家政学部に進学。教員も考えたが、「若いうちにチャレンジするなら」と芸人の道を歩むことを決める。

「2006年にM−1グランプリの準決勝まで進み、仕事につながるかな……と思ったけれど、そんなに甘い世界ではなくて。10年にコンビを解散したあと、どうしようかと考えあぐねていたときに、ずっとお付き合いしていた彼女が『家庭に入ってもらえませんか?』と言ってくれた。すぐ『ふつつかものですが』とお引き受けしました」

こうして家庭に入った中村さん。朝5時のお弁当づくりに始まり、夜、娘2人を寝かしつけるまで、“シュフ”の一日は休む暇もない。「女性の主婦とやってることは一緒」と笑うが、男性ならではの利点も。

「女性は夜中に出歩くと危ないし、周囲の『何してるんだろう?』っていう目も気になりますが、主夫は平気。子どもを寝かし、妻が帰宅した後に買い物に行くんです。子どもを連れての買い物って、身支度も、自転車の乗り降りも、めちゃくちゃ大変なんですよ」

近ごろは、雑誌への連載や講演会の依頼なども増え、家政学や家事の話を面白おかしい切り口で伝えている。

「103万円の壁と闘いつつ、扶養範囲で静かにやっています(笑)」という中村さん。取材などで外出の必要がある場合は、妻が休みの土日にスケジュールをまとめる。「ただ、地元ケーブルテレビのレポーターの仕事は平日なので、そのときは妻のお母さんに応援に来てもらい、長女が幼稚園の間、下の子だけ見てもらっています」

■モットーは「まあ、いっか」

中村さんのモットーは、「まあ、いっか」の気持ちで家事に臨むこと。

「普通の家事は流れを生み出しやすく、自分でデザインできるのですが、育児に関してはそれができません。家事の中に育児も含まれますが、2つは種類が違う。僕は育児を“イレギュラー家事”って呼んでるんですけど、予測ができないことが多い。家事って一生続くものなので、自分で息抜きをしていかないと、病気になったら代役はいません。『まあ、いっか』という気持ちで、例えば『今日は疲れたからコンビニ弁当』でもいいんです」

家事を“デザイン”するという独特の言い回しは、「空間デザイナーが何をどこにどう配置するのかを考え試行錯誤するのと同じで、シュフもまた、24時間の間に何を配置するかデザインする人」という考えにもとづく。

「どうしても家事は『やらされてる』というイメージが強い。僕としては、シュフが『家族の生活をデザインする権利を持っている人』という前向きなイメージになればいいと思っています。出張があるからあの準備をしておこう、遠足のお弁当がいるから買い出ししておこう……こういう家事の一つ一つを積み重ねて、家族全体をコーディネートしていく。そんな調整役としての役割がうまくいったり、家族が楽しく過ごせていることを実感したとき、シュフの醍醐味(だいごみ)を感じます」

主夫に対する偏見を感じるのは、主に男性と接するとき。「高校時代の同級生と会ったりすると、『中村は主夫やってて偉いな』と言われるのですが、ピンときません。男だから偉いということなのですが、同じことをやっている奥さんにまず『偉い』『ありがとう』と言ってあげてほしいですね」

そんな男性たちにも家事や育児に参加してもらうには?

「男性って、ほんとに家事のことが何もわかってないんだと思います。男性が思うイクメンやカジメンが、奥さまの望むことと違ったりするので、まずはどういうところで手助けが必要なのか伝える努力が必要です」

▼主夫・弘和さんの24時間

5:00 起床、弁当作り&朝食作り
6:00 妻、娘2人が起きてくる、みんなで朝食
7:00 妻が出勤
8:00 長女を自転車で幼稚園へ、帰りに次女と一緒にスーパーで買い出し
9:00 帰宅、洗濯
10:00 次女の昼寝、連載や漫才の台本などデスクワーク、昼食準備
11:00 次女起きて昼食
12:00 掃除、次女と部屋で遊ぶ、夕飯準備
14:00 幼稚園に長女を迎えに行く
14:30 ママ友さんたちと公園で子どもを遊ばせる
16:00 帰宅、夕飯
17:00 娘2人を風呂に入れる
18:30 娘2人を寝かしつける、妻の帰宅を待ちつつデスクワーク
19:00 妻が帰宅 風呂へ、妻の夕飯準備
19:30 妻の夕飯、お互いの報告会
21:00 妻が就寝、夜遅くまで営業しているスーパーへ買い出し
22:00 洗濯物を畳む、デスクワーク、良きところで就寝

(新田理恵=文 水朝子=撮影)