写真提供:マイナビニュース

写真拡大

デルタ航空は10月30日より、羽田=ミネアポリス/セントポール便の運航を開始し、これまで深夜時間帯に運航していた羽田=ロサンゼルス便を昼間に移行した。これにより、デルタ航空は、羽田空港から西海岸と東海岸の両方を網羅する2つの拠点空港に就航する唯一の米国航空会社となった。

羽田=ミネアポリス便はミネアポリスから全米およびカナダの110都市への乗り継ぎに、羽田-ロサンゼルス便はロサンゼルスから35以上の北米都市への乗り継ぎに利用可能となる。今回の就航を記念して30日15時15分より、羽田=ミネアポリス便の出発ゲート前にて、就航記念式典を開催。また、羽田=ミネアポリス便初便搭乗者へは、記念品としてステッカーおよび初便搭乗証明書がプレゼントされた。

就航式典にて、デルタ航空日本支社長の森本大氏は、「羽田空港におきましては、北米路線の就航を受けていよいよ本格的な国際化がスタートしました。今後2020年までにより早くより多くの発着枠を配分いただき、競合他社に先駆け、羽田空港から北米の主要都市への就航ができるように努力してゆきます。引き続き、皆さま方のご支援をいただけますよう、よろしくお願いいたします」とコメントした。

羽田=ロサンゼルス/ミネアポリス両路線とも、ビジネスクラス「デルタ・ワン」37席、「デルタ・コンフォートプラス」が36席、エコノミークラス「メインキャビン」が218席、計291席のボーイング777-200ER/LR型機を使用。なお、デルタ航空が2017年後半に運航を開始するエアバスA350-900型機に関しては、日本路線への早期導入を検討している。同機には、フルフラットベッドシートにスライド式ドアを加え、個室タイプになるビジネスクラス「デルタ・ワン」スイートを搭載。高く設けられた囲いでプライベート空間を確保できる。