今回も上戸彩と今田耕司がMCを務める/写真提供:M-1グランプリ事務局

写真拡大

昨年12月、5年ぶりに復活した漫才頂上決戦「M−1グランプリ2015」は、敗者復活戦から勝ち上がってきたトレンディエンジェルが優勝し、現在テレビやラジオなどの各メディアで見ない日はないほど大活躍中だ。

【写真を見る】司会者の他、放送日&事前特番などが決定!/写真提供:M-1グランプリ事務局

関西地区視聴率21.4%、関東17.2%(数字はビデオリサーチ調べ)と、復活第1弾も大好評だった「M−1グランプリ」がことしも開催。プロ・アマ問わず、結成15年以内のコンビが、“とにかく面白い漫才” を基準に審査され、今一番面白い漫才が決定する。

ことしは、プロ・アマ合わせて3503組がエントリーし、チャンピオンの名誉と賞金1000万円を目指して“熱闘”が繰り広げられている。

8月に東京・大阪をはじめ、北海道・仙台・名古屋・広島・福岡・沖縄で予選1回戦を実施。その後、2回戦、3回戦を経て、11月6日(日)準々決勝・東京、7日(月)大阪を勝ち残ったコンビが11月19日(土)の準決勝へと挑み、いよいよ決勝進出者が決定する。

それに先駆け、決勝戦が12月4日(日)に決定。また、決勝戦の放送で司会進行を務めるのが今回も今田耕司、上戸彩のゴールデンコンビに決まった。

さらに11月22日(火)夜9時からは、スペシャル番組「M-1オールスター超ネタ祭り」(仮)も放送。同番組は、「M-1グランプリ」の決勝にこれまで登場したM-1戦士による珠玉の超ネタ祭りとなる。M-1本戦と同時並行で楽しもう。

また、ことしは映像配信サービス大手の「GYAO!」とメディアパートナーとして連携し、予選3回戦と準々決勝の全ネタ映像配信や、準々決勝で敗退した出場者のネタ映像の中から「GYAO!」での視聴人数が1位の1組が、準決勝に進出できる「GYAO!ワイルドカード」を実施。

他にも、決勝戦のプレミアチケットや豪華プレゼントが当たるさまざまな取り組みが展開されるそうなので、動向を注視しておこう。

そして昨年トレンディエンジェルが優勝した「M-1グランプリ2015」のDVDが発売されることも決定。ことしの決勝大会直前となる12月2日(金)に発売されるので、予習のつもりで購入してみては?