宮沢りえ

写真拡大

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の初日舞台挨拶が10月29日、新宿バルト9で行われ、宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東蒼、中野量太監督が出席。水色のエレガントなロングドレス姿で登壇した宮沢は、末期がんで突然余命宣告された母をたくましく演じきったことについて「私も母を同じようにがんで亡くしたので、演劇の神様に試されているような気持ちもありました」と本作への強い思いを語った。

『湯を沸かすほどの熱い愛』初日舞台挨拶、その他の写真

同作は“死にゆく母と、残される家族が紡ぎだす愛”をテーマにした人間ドラマ。夫が家出しパートで働きながら娘を育ててきた主人公・双葉が 、突然末期がんで余命2ヵ月と宣告されたことから家族のために奮闘するする姿を描く。

出演について宮沢は「脚本をいただいた時に感動して。私も母を同じようにがんで亡くしたので、演劇の神様に試されているような気持ちもありました」と振り返り、双葉については「並大抵のエネルギーではできないと思って挑みました。素敵な娘たちと共演者のみなさんと毎日奇跡のような日常のような、素晴らしい時間を重ねてでき上がった作品だと思っています」と晴れやかな表情でコメントした。

そんな母の死に向き合い成長していく娘を演じた杉咲も「撮影中の現場は本当にすてきな空間でした。みんながこの脚本を愛して、1つの方向に向かっている感じがして。いい作品になるように頑張って作りましたので、たくさんの人に届いてほしいと思っています」と元気にアピールした。

一方、頼りない父親を演じたオダギリは「お2人が素晴らしいコメントを言った後で、何を言っていいか分からないです…」と言葉を探しながら、「胸がいっぱいで何もしゃべれません」と冗談っぽく挨拶。すると、すかさず宮沢が「ちゃんとしてくださいオダギリさん、初日です」と突っ込み、ステージ上で夫婦漫才さながらのやり取りを披露して笑いを誘った。

また、わけあって双葉と暮らすことになるもう一人の娘・鮎子を演じた子役の伊東も「撮影が始まる前はかあちゃんと『嘘はなしね』、監督と『本当の家族になってね』と約束しました。なので、撮影中に鮎子が嬉しいと私も嬉しくて、悲しいときは涙が出ました」とにっこり。

旅先で双葉に出会い人生を見つめ直す青年を演じた松坂は「(双葉と)出会うまでの前半は台本でしか知りえなかったので、台本を読んでいる段階でグッとくる段階はいくつもありました。でも、改めて見た時には違うところでグッときてしまっていました」と感動しきりだった心中を吐露した。

退場間際には一部でV6の森田剛との熱愛を報じられていたこともあって宮沢へ報道陣から質問が飛ぶ場面もあったが、これには応えずに会場を後にした。(text&photo:中村好伸)