<WGC-HSBCチャンピオンズ 最終日◇30日◇シェーシャン・インターナショナルGC(7,266ヤード・パー72)>
中国のシェーシャン・インターナショナルGCで開催された、世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC-HSBCチャンピオンズ」の最終ラウンド。6バーディ・ノーボギーの“66”でトータル23アンダーまで伸ばした松山英樹が逃げ切りでツアー3勝目を挙げた。WGCタイトルは日本人のみならずアジア勢初の快挙となる。以下は会見一問一答。
ちょっと照れてる?カップにキスする松山英樹
(振り返って)
今日はスタート前からちょっとナーバスになっていたんですけど、スタートの1番ホールでうまくバーディを取れたんで、そのあとも緊張しながらもいいプレーが出来ました。
(アジア人初のWGCチャンピオン)
メジャーはY・E・ヤンさんが勝ってるし、WGCで初めてのアジア人チャンピオンと聞いて、それは自分でも少しビックリしています。最後(18番)バーディ取って、そこまで29バーディだったんで、30バーディにして終わりたかったですけど。そこはうまく行かなかったですね。でもパーでもいいと思って、最後しっかりやりました。過去、この大会は2回棄権していて、あと1回も成績は悪かったんですけど、今年ははじめからしっかり優勝争いするんだと思って、入ってきた結果、初日からいいプレーできてこうなった。特に何か変えたことはないけど、ここ3週間パットが調子よかったし、特に今週ここでも特に良かった。
(キーとなったのは8番ホール?)
そうですね、8番に行く前に、その前の4番でのパーパットは大きかったですし、8番もセカンドショットはもう少し冷静に判断して、あそこは刻むべきだったと思いました。でもあそこはしっかりパーセーブできて、その後も無理せずプレー出来たと思います。
(ツアー3勝目)
ここで優勝できて、ますますメジャーで勝ちたいっていうのがより一層強くなった。それまでまだ時間あるんでメジャーに勝つための課題を克服していけたらいい。丸山さんには俺の記録なんて早く抜いてしまえ(笑)なんていわれてますけど、まずはそこに追いつくことが出来て嬉しいと思っています。
(誰に喜びを)
優勝したあと、たくさんメール連絡来てるけど、それに全部返信してから、そのあとゆっくり家族にも、特に両親にも、ここまで育ててくれた感謝の意味を込めてしっかり「優勝したよ」、と伝えたいと思います。
キャデイのダイスケさんもそうですけど、いつも僕を支えてくれている人のためにも成績を出さなきゃいけない中でそれがこういう結果で結びついたのは良かったです。
(大会レコードの24アンダーは意識した?)
24アンダーがこの大会のレコードというのは、今はじめて知ったんで、気にはしていなかったですけどただバーディをたくさん取りたいと思ってやってただけですけど、やっぱり30バーディは取りたかったですね。
(どこで優勝を確信した?)
16番のセカンドで打ち終わって、初めて勝てると思った。最悪あそこ3パットしてそのあとボギー、ボギーでも勝てると思った。このフィールドで勝てたのは良かった。
<ゴルフ情報ALBA.Net>