「カワサキ ハロウィン 2016」が開催され鈴木福、鈴木夢、鈴木楽が兄弟でパレードを祝った

写真拡大

 神奈川県川崎市で日本最大級のハロウィンイベント「カワサキ ハロウィン 2016」が開催され、『スター・ウォーズ』シリーズに登場するキャラクターに扮したコスプレイヤーが参加する『スター・ウォーズ』パレードの一陣が練り歩いた。パレードの中には鈴木福、鈴木夢、鈴木楽(たの)兄妹の姿もあり、沿道の見物客からは「福くん楽くんとそっくり!」「かわいい!」などの声があがり、手を振るなど楽しげに応じていた。

 「カワサキ ハロウィン」は国内最大級のハロウィンイベントで、川崎の街の魅力と活力を全国に向けて発信することを目的に1997年よりスタート。

 『スター・ウォーズ』パレードが行われるのは昨年に続いて2回目で、今年は昨年の倍近い仮装ファン約170名が集結。シリーズ番外編『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を12月に控えているとあり、作品にちなんだ帝国軍の究極兵器デス・スター、帝国軍の兵士ストーム・トルーパーを再現したバルーンも登場した。

 パレードの前には川崎市役所前で出発式も行われ、川崎市長のあいさつの後に福くんはダース・ベイダーの姿で登場。友人をきっかけに昨年から『スター・ウォーズ』のファンになり、シリーズ全作品観たといい、自身のミニベイダーな姿に「かっこいい」とご満悦。出発式の最後には拳を高々と空に上げ「『スター・ウォーズ』パレート、出発ー!」という福くんの元気な掛け声でパレード開催を祝った。(取材・文:中村好伸)

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は12月16日公開