イ・ジュンギ参加の「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」最終回の観覧イベント&ファンミーティングに約1万人の応募

写真拡大

SBS月火ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」に出演しているイ・ジュンギに会うために、約1万人のファンが殺到した。

イ・ジュンギの所属事務所であるNAMOO ACTORSが11月1日に、SBS月火ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」の最終話の団体観覧と、イ・ジュンギのミニファンミーティングを無料で行う。このイベントには申込者が1万人も殺到し、イ・ジュンギの人気を感じさせた。

お知らせの後、たった2日で1万人の視聴者からの声援を見守った所属事務所関係者たちは、驚きを隠しきれなかった。NAMOO ACTORSの関係者は「俳優とファンの皆様に良い思い出をプレゼントしたく、イベントを行うことにしました。申込者が多いだろうとは予想していましたが、ここまで声援をいただけるとは思わなかったです。驚きましたし、感謝しています」と伝えた。

申込者は主に女性のファンだった。10代から40代まで、年齢層は様々で競争率はなんと17対1だった。当選者の発表日には、所属事務所にファンからの問い合わせが殺到し、業務の進行が麻痺したという。

ニュースを聞いたイ・ジュンギは、本日(30日) の午前自身のInstagram(写真共有SNS) に「本当にたくさんの方々に申し込んでいただいて驚きました。一緒にいることができない皆様の残念な気持ちもよく見えました。すみません! より良い場を作るようにしますね」と、ファンたちの声援に心からの感謝の挨拶を伝えた。続いて彼は「早く良い作品でまた会えるように頑張ります。いつもありがとうございます〜! 詳しいことは火曜日に」と、ファンへの愛情を示した。

SBS月火ドラマ「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」は、4皇子ワン・ソ(イ・ジュンギ) が高麗光宗(クァンジョン) に即位し、視聴者たちの注目が集まっている。