29日、香港の歌手で俳優のアーロン・クォックが、元恋人リン・ホンの入籍を祝福。自身の結婚については、かねてからの報道を否定した。

写真拡大

2016年10月29日、香港の歌手で俳優のアーロン・クォック(郭富城)が、元恋人リン・ホン(熊黛林)の入籍を祝福。自身の結婚については、かねてからの報道を否定した。香港01が伝えた。

【その他の写真】

アーロン・クォックは、モデルで女優のリン・ホンと7年間交際し、13年に破局。昨年末には、23歳年下で当時無名だった中国人モデルとのツーショット写真を公開し、新恋人の存在を明らかにしている。しかし、リン・ホンの場合は7年も交際しながら、一度も恋人と認めなかったことから、新恋人との交際発表については、リン・ホンのファン以外からも彼女を哀れむ声が多く上がった。

そのリン・ホンが今月27日、実業家男性との入籍を発表。29日、映画「天亮之前」の香港プレミアに出席したアーロン・クォックは、「芸能界にめでたいことがあれば、何でも祝福する」と語り、元恋人の結婚を祝う気持ちを遠回しに示した。

アーロン・クォックについてはこのほど中国メディアが、現在の恋人の妊娠と結婚の可能性を一斉に報じたばかり。しかし本人は、これについて全て否定している。

リン・ホンの入籍はくしくも、51歳を迎えたアーロン・クォックの誕生日の翌日だった。リン・ホン自身は、全くの偶然だったと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)