BLACK PINK、ダブルタイトル曲「STAY」MVメイキング映像を先行公開

写真拡大

ガールズグループBLACK PINKの2ndシングルのダブルタイトル曲である「STAY」の一部が公開され、新曲への期待を一層高めた。

30日午後0時、YGエンンターテインメントは「STAY」のミュージックビデオのメイキングフィルムを先行公開した。BLACK PINKのメンバーたちは「STAY」について「一人ぼっちの子どもが不安で、孤独と悲しい幸せを感じるシーンを撮りました」と紹介した。

メイキングフィルムに登場する「STAY」は、寂しさと孤独感が感じられるハーモニカの演奏で始まり、叙情的なギター演奏のうえに、BLACK PINKのボーカルが加わる。寒くなった最近の天気のように、感性を一層刺激する楽曲だ。デビューシングル「口笛」と「BOOMBAYAH」とは違って、BLACK PINKのメンバーたちの感性的なボーカルを聴くことができる曲になると予想される。

今回のミュージックビデオの演出を務めるハン・サミン監督は「誰か私のそばにいてくれたら、という感情を見せ続けなければならない」と注文し、今回はBLACK PINKのメンバーたちの感性演技も見ることができると期待される。

これとともに、メイキングフィルムの中でメンバーたちは、感性的なボーカルとは違ってビーグル美(ビーグル犬のように活発でやんちゃな愛らしさがあること) に満ちたキュートな姿が見る側を微笑ませている。メンバーそれぞれがお互いの映像を撮影し合っていたずらをして恥ずかしがる姿を見せ、見る側を微笑ませている。

異例なことにYGは、新曲の発表前、ミュージックビデオのメイキングを公開することにしたが、これは今回のBLACK PINKの音楽への自信によるものだと思われる。しかもダブルタイトル曲の一つである「火遊び」を通じて、新鮮なジャンルであるトロピカルハウスを披露すると話し、BLACK PINKがどのような音楽を聴かせてくれるかに好奇心が高まっている。

11月1日に公開されるBLACK PINKの2ndシングル「SQUARE TWO」は、ダブルタイトル曲「火遊び」と「STAY」、「口笛」のアコースティックバージョンが収録される。