「いつかまた一緒に…」契約満了を発表したRAINBOW、直筆のメッセージを公開

写真拡大

2016年11月12日をもってDSPメディアとの専属契約が満了するガールズグループRAINBOWが、ファンへの手書きの手紙を公開した。

29日、RAINBOWのジェギョンは、自身のTwitterに「私たちはDSPという巣に出会い、歌手という夢を叶えました。RAINBOWになり、どこからも受けたことのない、身に余る愛と応援をいただきました。そのため、昨日急に出た記事の中で、解散という言葉にとても胸が痛みました」と書いた手紙を公開した。

手紙には「それぞれの居場所で頑張って走っていれば、いつかまた一緒になる日が来ると信じています」と明かした。

これに先立ってRAINBOWは、所属事務所であるDSPメディアと再契約を結ばないことに決めたと発表した。