「高原書店」は出版社でも全国展開の大手書店グループでもありません。単なる書店、本屋さんです。けれど、全国のクルマ好きはその名を知っています。

1

そう。高原書店は自動車に関する紙モノの集まる書店、いわば自動車好きの聖地なのです。

その高原書店が閉店する、という情報が入りました。

店舗 閉店のご案内 お客様各位

謹啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さて 突然ではございますが昭和59年開店以来32年余に渡りお引立ていただきました株式会社高原書店を諸般の事情により11月23日をもちまして閉店することとなりました。
これまで皆様の温かいご支援をいただきながら誠に勝手を申し上げます。
これまで賜りました皆様の長年にわたるご愛顧を心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
略儀ながら書面にてご挨拶申し上げます。

謹白

これは大変な事件、気になって現地へ向かいました。

実は以前、高原書店を訪れたのはもう10年ほど前。当時は一階が広い店舗、二階が倉庫のような状態でしたが、現店舗はいわゆる個人経営の書店サイズになっていました。

やはり縮小しているのか、といやな予感が頭をよぎります。

しばらく店内を見回ってみます。自動車雑誌、書籍の新刊はまだまだたくさん刊行されているんだな、と改めて感心します。古いカーグラフィックやモーターマガジンなどもずらりと並んでいます。自分が読んでいたモーターファンが並んでないのは少し残念です。カタログ類も懐かしモノからそれほど珍しくなさそうなモノまで押入れ収納庫のような中に入っていて100円から購入できます。

しばらく立ち読みしてから、社長の盡怯兩い気鵑箸話をすることができました。

ーー高原書店は閉店してしまうと聞いて来てみたんですけど。

高原「閉店というか店舗をやめるだけで、後は通販なんかでやっていくんですよ」

ーー(やっぱり売上減少→店舗閉鎖→通販のみで細々と、か?)はあ、紙媒体の自動車雑誌や書籍ってやっぱり売れなくなったんですよね。

高原「うーん、そうね。なかなか売れないね。だから店舗はやめて、通販中心で古い資料とかでやっていくんですよ」

そういう高原さんの表情は明るく、事業を撤退する経営者の顔ではない。高原さんに「ちょっとこっちへ来て」と見せてもらったのは、一冊だけガラスカウンターに陳列された4000円のモーターマガジン誌。その前後の同誌は2000円前後で取引されているらしく、倍くらいに値付けされています。

高原「この号はなかなか出てこないからこういう値付けをしている。なので、それをわかっている人はこれをお金と交換して貰えばいいし、そうでないなら買わなくていいんですよ。売ってもらう場合も同じ。なっとくのいく金額と思えば置いて行ってもらうし、そうでなければ成立しないでいいわけです」

ーー??? そうですよね(当たり前じゃん? どういうこと?)。

高原「中へどうぞ」

と、通されたのは事務所の中。思った以上に働いている人がいる。個人店舗の書店なら多くても同時には2〜3人のイメージ。けれど、店頭に2人、事務所には4人程度働いている。

そこで、まず見せていただいたモノはここに書いちゃいけなそうなモノ、出処を明かしちゃまずいんじゃない?ってモノが山盛り。例えば、その後、大変話題となった車両の開発資料と設計図とか、超有名ドライバーになった人のメーカーへ自分を売り込んだ時の手紙とか、社内資料と思われる某メーカーの工作機械の計測データとか・・・。

高原「こういうすごいモノがここに集まって来ちゃうのよ。なので、店頭でお客さんとこんな雑誌があるのかとかお話しするのも、100円のカタログを売ってるのもいいんだけど、それ以上にやりたいことがいっぱいあるんだよね」

ーー「うーん、そうでしたか。恐れ入りました」

高原「けれど、それは出せないし、一般の人にわからないから、こんなモノがあるってのでわかってもらえるかな」

といって見せていただいたのが以下です。

プリンスから日産へ移ってすぐのスカイライン、いわゆるハコスカのパトカーのカタログ。

徳大寺有恒さんがまだ本名の杉江博愛(すぎえ ひろよし)で執筆していた頃の単行本に徳大寺有恒になってからサインをした書籍。

 

英国の英雄的な有名ドライバー「スターリング・モス」氏のレコード(録音されているのが歌なのか何かは不明)。

ル・マン、WECなどレースシーンが収録されていると思われるレーザーディスクの対抗馬「VHDディスク」(再生プレイヤーがないので内容は想像です)。

これらもすごい。ようするに、ただ古いモノとか発行部数が少ない、というレベルを超えて、もうこれしかない!そんなのがあったなんでてほとんど知られてない!というレベルのモノばかりです。

そんなモノたちが集まり、その価値判断ができるのは高原さんだけど、そのようなものを大事にしていくのは高原さん自身でしかない。その時間に専念するための店舗閉鎖なんだろうと思いました。

紙の媒体に書かれている内容はデジタルとしてデータで残すことはできるでしょう。しかし、「現物」として紙の臭い、手触り、焼け具合などでその時代を訴えてくれます。商売としてどのような勝算があるのかまではわかりませんが、確実に儲かるようなことなら誰もがやっていることでしょう。

自動車の雑誌を子供の頃から読んで育ってきた者としては、高原さんのようなかたが日本にいてくれることが、勝手ながら頼もしくも誇らしく思えました。

(clicccar編集長 小林 和久)

【関連リンク】

閉店セールや今後の営業については以下です。

今までのご利用頂きました感謝の気持ちと致しまして、最後のバーゲンセールをさせて頂きます。期間は10月20日(木)から最終営業日の11月23日(水・祝)とさせて頂きます。

尚、今後は当社ホームページ、ヤフーオークションなどの通信販売のみの無店舗営業をさせて頂きます。
今回の営業形態の変更に伴いまして、誠に申し訳ございませんが現在のようにヤフーオークションの落札商品、通信販売でのご注文商品などを店頭でお引き渡しすることが出来なくなり、すべてヤマト運輸の宅急便のみでの発送になりますので、悪しからずご了承ください。

また、引き続き買い取りもさせて頂きます。買い取りを御希望の方は電話又はファックス、メールで下記まで一度ご連絡下さい。

電話番号 052-804-1605(留守番電話対応になります)
ファックス番号 052-805-5276
メールアドレス general@takaharabooks.com
ホームページはhttp://www.takaharabooks.com/で変更はございません。

平成28年9月 株式会社高原書店 代表取締役 盡怯兩

自動車雑誌の聖地「高原書店」店舗閉店するわけは?(http://clicccar.com/2016/10/30/412667/)