白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第31回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜

体や頭が流れないようにすることが大事

内藤雄士コーチ:以下内藤 ここ2回、アプローチをレッスンしましたが、難しいですか?

白石あさえ:以下白石 小さい動きなのに、思ったよりうまく当たらないですね。

内藤 白石さんのクセは体がターゲット方向に動きすぎることです。ゴルフ用語で言うとスエーです。白石さんに限ったことではなく、多くのアマチュアがスエーをしています。

白石 ドライバーのレッスンの時にも頭が流れるのを抑えてもらいましたが、直す方法ってありますか? どうしても動いてしまうんです。

内藤 以前のレッスンで使ったレベレージディスク(スイングトレーニング専用のドーナツ状のディスク)を使いましょう。レベレージディスクを左足で踏んで、その状態でアプローチして見てください。

白石 あれ!きれいに当たりますね!

内藤 左に体重を乗せていけない形を作ったことで、体や頭が流れなくなったからです。誰かに頭を抑えてもらうのも効果的ですが、この練習ならひとりでもできますよね。練習器具がなくても、タオルをたたんで踏んだりするのでも代用できます。

 この練習をする時に注意して欲しいのは、ボールを上げようとしないことです。左足が高い体勢を作っているので、少しでもボールを上げようとするとダフってしまいます。この練習を少しして、感覚がわかったら、普通のアプローチを練習して、またうまく当たらないようになったら、左足を高くして体の流れを抑えるといった練習の仕方がいいと思います。

白石 他にアプローチで注意した方がいいことってありますか?

内藤 前回のレッスンでもやりましたが、クラブを振り上げて、クラブヘッドがアドレスで構えた位置に戻ることが大事になります。しっかり両腕と肩でできる三角形を崩さずに、振り子のように振りましょう。振り幅はアプローチなので、腰から腰の振り幅で十分。それ以上振ろうとすると、インパクトが緩んだり、体が流れる原因になります。

白石 クラブを短く持って、小さく振っているのに当たらないって、本当に不思議です。アプローチもまだまだ練習が必要ですね。

●練習器具を使って、ブレないスイングをつくる

レベレージディスクを活用。なければクッションやタオルを折りたたんだものでも代用できる。ディスクに左足を乗せ、高くして構えたことで、体のスエーが抑えられる。感覚をつかむと、インパクトできれいにミートできるようになって、いい音のショットを連発。

左足でレベレージディスクを踏んで打つ練習をしてからだと、普通にマットから打っても、体が動かなくなり、きれいにインパクトできるようになる。

頭を誰かに押さえてもらう練習も効果が高い。テークバックの時も頭が動きすぎないように注意が必要。

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。
(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。昨年念願だったグラビアデビューを果たす。この秋も各週刊誌の表紙、グラピアページに登場。セクシーなボディーで注目を集めている。最近は競馬も趣味に加わり、「南関ガールズ」として、競馬場イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうは最近、練習量を増やして、急成長中。「ジャストミートすると、気持ちのいい音がする。その割合が高くなってきた気がします」。内藤コーチもその変貌ぶりを認めており、そろそろコースデビューのお許しが出るかも!? 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato