ますだおかだ

写真拡大

10月24日から10月31日まで開催される「SHIBUYA オトナHALLOWEEN PROJECT 2016」。そのメインイベントが10月29日に「渋谷ヒカリエ」内ヒカリエホールで行われ、日本の文化発信を図るべく、世界各国の方々が参加する第一部「インターナショナル仮装コンテスト」の特別審査員としてますだおかだが登場。増田は海賊の船長を、岡田はドラキュラを意識した仮装姿で登場し、ドラキュラにかけて「吸っちゃいますよ、笑いの才能!」と岡田らしい発言で観客を沸かせた。

この記事のその他の写真/ますだおかだ「仮装コンテスト」の特別審査員

また、急きょハロウィンにかけたネタを振られた岡田が、手で自動ドアを開けるようなしぐさをしながら「ハーローウィーン、オープン!」と渾身のネタを披露するも、会場には一瞬冷たい空気が流れる場面も。だが、審査員からは全員満点が飛び出し、意外な結果に増田が「そんな点数とったら、これから出てくる人が出てきにくいやん」と声をかけ、「ハードル上げてしまいました」と仲の良い掛け合いを見せた。その後は岡田がお決まりの「開店ガラガラ!わお!!」で会場を沸かせ、勢いよく大会はスタートを切った。

本大会では、一般公募で選ばれた出場者を合わせ合計21組46名(日本人32名、外国人14名)から、予選を通過した11組がステージへ上がった。グランプリは東京出身の女性イトウサホさん。存在感のある赤い折り鶴の衣装で見事勝利し、50万円分の東急グループ商品券を獲得。「和のコスチュームを今までずっとしてきたので嬉しい! 世界に向けて和を発信していきたい」と大喜びの様子だった。

第一部の最後には、岡田が「プッシュー!! クリアー!!」と特別協賛アサヒビールのクリアアサヒに掛けたヒトネタを披露。一瞬でキンキンに冷えた会場の中、クリアアサヒを持った参加者全員が「ハッピーオトナハロウィーン!」と乾杯し、会場を大いに盛り上げていた。