「こんにゃく」の成分や特性を生かした商品が続々 美肌対策や歯磨き粉など

写真拡大 (全2枚)

 ヘルシーな食生活に役立つ「こんにゃく」。ここへきて、新たなる役目として美しくなることも加わったようだ。

 おでんやすき焼きなどの具材として、またローカロリーで食物繊維が豊富なことから健康食品としてもおなじみの「こんにゃく」。最近は原料であるこんにゃく芋に含まれる成分や、こんにゃくの特性を生かして、美しさの分野でも新たな商品が生まれている。

 こんにゃく芋には、乾燥肌の予防に効果がある成分が含まれているという。この成分に着目し、今秋誕生したのが資生堂(本店・銀座オフィス:東京都中央区、本社事務所・汐留オフィス:東京都港区)の「飲む肌ケア(1,944円・税込、60粒20日分)」だ。資生堂では初となる機能性表示食品となったこちらは、1日1,800マイクログラム摂取し続けると、肌の水分を逃しにくくするこんにゃく由来のグルコシルセラミドを配合した錠剤。ちなみに1,800マイクログラムとは、1枚250グラムのこんにゃくに換算すると約9枚分。だが同商品であれば3粒で事足りるそうだ。これからの季節、みずみずしい美肌キープのために1日3粒。そんな人が増えそうだ。

 こんにゃく芋に含まれるこんにゃくマンナンの高い保湿性を活用したまかないこすめ(運営はディーフィット/本社:東京都新宿区)の「凍りこんにゃくスポンジ」も、このところ人気となっている。群馬県産のこんにゃく芋と、長野県の天然水からつくられる同商品の肌触りは実に心地よい。これは保湿性によるほどよい弾力感のなせる技。そして使っていくと、古い角質やうぶ毛の除去にも役立ち、肌の変化が実感できるそうだ。価格は1個799円(洗顔用は756円、各税込)。現在、季節限定商品として、みかんパウダー配合の「凍りこんにゃくスポンジ 初摘みみかん」も発売されている。

 こんにゃくの持つ弾力性で、白い歯と健康的な歯ぐきをと、エビス(奈良県大和郡山市)が考案したのが、こんにゃく粒入り薬用歯磨き「プラチナケアズ 90 マンナンホワイトニング(626円・税込)」。やわらかいこんにゃく粒が、歯に付着した着色汚れに威力を発揮し、からめるように取り除く。同時にこんにゃく粒による刺激は、適度な歯ぐきのマッサージにもなり、歯槽膿漏といった歯ぐきのトラブル予防にも役立つ。こぼれる白い歯で印象度のアップと、慢性化すると体全体にも影響を及ぼす歯周病対策のためにも、同商品でしっかりとブラッシングを習慣づけてはいかがだろう。

 こんにゃくは、人の健康だけでなく美しさにも貢献してくれるさまざまな特徴を持っているようだ。

加藤 秀行[著]、阪神 裕平[著]