Doctors Me(ドクターズミー)- 豆乳ダイエットの効果は? 気になる成分や飲む量などをご紹介

写真拡大

豆乳って体にいいことは知っていると思いますが、ダイエットにもう効果があるって知っていましたか?

豆乳がなぜダイエットにいいのか?

今回は豆乳ダイエット方法や効果的な飲み方などをご紹介します。

要チェック項目


□豆乳は食前に飲む
□豆乳は健康にも美容にも良い
□ダイエット効果がない場合は飲みすぎや食べすぎが原因

豆乳ダイエットとは

豆乳というのは、豆乳を絞りつぶして中の乳液を絞りだしたものです牛乳に似ているから投入と呼ばれています。ちなみに絞り終わった後のかすは、おからとなります。

大豆のほぼすべての成分が投入へと流れていき、おからには食物繊維くらいしか残りません。

豆乳ダイエットはとてもシンプルです。1日の食事のうち、1回か2回の食事の直前にコップ1杯を飲んでから食事を始めます。

そうすることで、食事量を少なくすることができます。なんだそれだけか。とお思いでしょうが、豆乳は栄養や美容に良いですので、健康的にダイエットをすることができるのです。

豆乳はこんなに良い成分が

ここで改めて、豆乳の成分をして得おきましょう。ダイエット食品として非常に優れているのが分かりますよ。

大豆サポニン


大豆サポニンには、活性酸素を抑制してくれる効果があります。活性酸素は、体の細胞と結びついて、体を老化させる効果がありますので大豆サポニンの抗酸化作用は老化防止にも効果的です。

大豆たんぱく


大豆たんぱくは、非常に栄養素として有能なのはもちろんですが、コレステロールとくっついて、体外に流してくれる効果があります。さらに脂肪の燃焼効果を期待することもできるのでダイエットに最適です。

イソフラボン


大豆イソフラボンは、女性にとって非常に重要な効果があります。女性の加齢とともに減少してしまう女性ホルモンであるエストロゲンに代わってホルモンバランスを整えてくれる効果があります。

豆乳ダイエットは効果がある?

豆乳には、ダイエットも効果的な成分が多いですので、豆乳ダイエットはダイエットに最適です。大豆たんぱくは、脂質の吸収を阻害してたんぱく質の燃焼を助けてくれます。

また、サポニンには、コレステロールの吸収を阻害して、体内に脂肪が残るのを抑えてくれます。

これだけでもダイエット効果が高いのですが、豆乳には様々なビタミンが含まれています。特にビタミンBではダイエットでおろそかになりがちな肌を整えてくれます。

ビタミンEも美容効果が高いです。そして、女性ホルモンを補ってくれるイソフラボンなど、女性がダイエットをするにあたって必要な要素がたくさんそろっているのです。

また、豆乳にはオリゴ糖が含まれていますので、おなかの調子をよくしてくれてお通じが良くなることが多いです。

そのほかにどんな効果がある?

豆乳ダイエットは、食前に飲むことで実際に食べる量を減らすことができる効果がありますが、豆乳に含まれる大豆サポニンには、食べた食品の吸収する速度を遅くする効果があるといわれています。

それにより、おなかがすくのを遅くしてくれるのです。

また、女性ホルモンを補ってくれる大豆イソフラボンには、新陳代謝を増幅させてくれる効果があります。新陳代謝が活発になると、古い細胞を輩出して新しい綺麗な細胞に交換してくれます。

交換の際にエネルギーが生じるので、ダイエットにも最適なのです。

男性でも効果を同じように享受できますので、性別を問わずおすすめといえるでしょう。

女性は生理前に豆乳ダイエットの効果が出やすい?

これは、女性のみに該当するのですが、女性は生理前に豆乳ダイエットすると効果が出やすいという調査結果があります。

女性というのは、排卵をすると整理までの間に妊娠に向けて太りやすい体になってしまいます。そして、それに伴い女性ホルモンであるエストロゲンが減少してしまいます。

女性ホルモンが減少しているときというのは、女性にとって栄養をため込む時期とされています。

そのため、女性ホルモンを補充することができれば、生理前であっても太りにくい体を作ることができます。そんなときに役に立つのが、女性ホルモンの代用として活躍してくれる大豆イソフラボンです。

ダイエットと一緒に大豆イソフラボンを吸収することができる豆乳ダイエットは、排卵から生理前が一番効果が高いとされています。

豆乳で上手にダイエットを

今回は豆乳ダイエットについてご紹介させていただきました。

豆乳自体がダイエット効果が高かったり、健康や美容にも効果が高いですので、通常のダイエットよりも健康的に痩せることができる可能性が高いです。

ぜひ皆さんも一度試してみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)