左・EXILEオフィシャルサイトより/右・AKB48公式サイトより

写真拡大

「週刊文春」(文藝春秋)11月3日号が報じたレコード大賞買収疑惑は衝撃的だった。何しろ、芸能界のドン・周防郁雄社長が率いるバーニングプロダクションが三代目 J Soul Brothers(以下、三代目)にレコ大をとらせた見返りに、三代目の所属事務所「株式会社LDH」に1億円を請求書していたという事実が、請求書の写真付きですっぱ抜かれたのだ。

 周知のように、レコ大はTBSと公益社団法人日本作曲家協会という公的な組織が主催しており、ここまで決定的な不正の証拠があがれば、普通、厳しい追及がおこなわれるところだ。

 しかし、これを追いかけたマスコミは皆無だった。普段はあれだけ文春の後追いをしているスポーツ紙もこの記事のことは一行も触れず。毎週木曜日には「今週の文春砲」を話題にする他局のワイドショーもこの件については凍りついたように沈黙を守っている。

 その理由は単純だ。スポーツ紙もテレビ局も、このバーニングプロダクションが支配する利益共同体に完全に組み込まれているからだ。

 そもそも、レコード大賞をめぐっては、ずっと以前から出来レース説が流れていた。とくに1990年代以降はバーニングが影響力を強め、ヒットしたかどうかなど全く関係なく、バーニングが音楽出版権をもっている、あるいはバーニングに金を積んだ歌手やアーティストが受賞する状態になっていた。

 1996年、1997年に連続受賞した安室奈美恵、1999年のGLAY、2001年から2003年にかけて連続受賞した浜崎あゆみ、2007年のコブクロ、2008年から2010年にかけて連続受賞したHIROが現役時代のEXILE......。さらに、2011年AKB48が大賞を受賞した際には、今回と同様の買収の噂が浮上していた。

「この年もEXILEが大賞を受賞すると言われたのですが、突如AKB運営サイドがレコ大獲得に乗り出したんです。そして窪田康志社長がエイベックスの松浦社長とバーニングに相談し、その結果、EXILEはレコ大を辞退することで話がついたんですが、裏でやはり巨額の金が動いたと言われました」(音楽事務所関係者)

 そして、このバーニングを中心とした受賞工作に全面的に協力していたのがスポーツ紙記者などのマスコミ関係者だった。

 実は、レコ大の審査委員のほとんどはスポーツ紙記者や新聞記者、テレビ局の局員で占められている。たとえば、「優秀作品・新人賞委員」では、審査委員長の毎日新聞、副委員長の日刊スポーツを筆頭に、読売新聞、時事通信、産経新聞、東京中日スポーツ、報知新聞、東京スポーツ、MBS毎日放送、RKB毎日放送といった肩書きがずらり。

「アルバム賞委員」「作曲家協会選奨・最優秀歌唱賞委員」にも、デイリースポーツ、東京新聞、日本経済新聞、日刊スポーツ、スポーツニッポン、サンケイスポーツ、夕刊フジ、CBC、HBC北海道放送と、日本のすべてといっていいスポーツ紙の記者が名を連ねている。

 そして、これらのうちの多くがB担と呼ばれるバーニングべったりの記者で、バーニングにいわれるがままに票を入れているというのだ。「週刊文春」によれば、「優秀作品・新人賞」審査委員15人のうち、「最低でも8名は普段からバーニングと仕事の付き合いがある記者」で、審査委員の中には自らバーニングに出向き、「今年はどうするんですか?」と聞きに行く者もいるという。

 中には、信じられないような噂が流れている記者もいる。これも「週刊文春」が指摘していることだが、今年の春頃、レコ大を主催する公益社団法人日本作曲家協会に告発文が届いた。そこには、周防氏がレコ大を牛耳っていること、そして「審査委員を務めるスポーツ紙の記者X(書面では実名)と周防氏の癒着関係が綴られていた」というが、人気球団の機関紙ともいわれる大手スポーツ紙に所属するこのX記者の存在は業界でも有名らしい。

「彼はスポーツ担当から芸能に移った記者ですが、バーニングの番頭といわれるKと昵懇になり、審査委員長や副委員長でもないのに、今ではレコ大審査委員を仕切るほどの力を持っています。現在は芸能からも外れ、広告関連の部署にいるのですが、それでもしょっちゅうKと飲み歩いていますよ。まさにズブズブの関係です。そうした関係から、離婚した際には慰謝料を肩代わりしてもらったとか、家を建ててもらったとか、信じられないような噂すら関係者の間で流布されたこともある」(スポーツ紙関係者)

 もちろん、こうした噂はやっかみも入ったデマも含まれているだろうが、しかし、レコ大をめぐっては、審査委員たちへの接待疑惑が常にささやかれてきたのも事実だ。

 たとえば、「週刊新潮」(新潮社)でもレコ大の審査委員経験者や関係者が自分たちの受けた接待についてこう証言している。

「高価な贈り物や商品権が届くこともあるし、受賞させたいと思われるタレントの曲や映像が入った高価なiPodが送られてきた人もいます。銀座や六本木のクラブでの接待や、有名店でのディナー攻めも多い。これだけご馳走になったら投票しないわけにはいかない、と思う人もいるし、審査員がそれを逆手に取って、投票するからネタをくれ、などと要求するケースも多いですね」(08年9月11日号)
「11月18日の第4回会合までには受賞作がほぼ確定する見込みですが、それまでは昼も夜もレコード会社や芸能事務所の宣伝担当者との会食が入っている。昼に鰻、夜にしゃぶしゃぶ、あるいは昼ステーキで夜は寿司。当然、酒も入る。そんな毎日ですから、胃腸も肝臓も最悪の状況ですよ」(11年11月17日号)
「J-POP系のあるレコード会社では、5人の宣伝部員が1人あたり300万円以上の予算を持ち、さらに制作部も動くので、レコ大関係の接待費は2000万円を下らないでしょう。同社の場合は、高級焼き鳥店などで食事をした後、六本木のクラブのVIPルームで女の子と飲むことが多いようですが、演歌系の大手事務所などは、一次会は1人3万円位するしゃぶしゃぶ屋で、二次会は銀座の高級クラブ......と、会社や事務所によって接待の流儀はそれぞれです」(同前)

 おそらく、今回、「週刊文春」が報じた1億円についても、その一部はこうしたかたちで、スポーツ紙記者を中心とした審査委員たちに流れているのだろう。また、レコード大賞以外でも、テレビ局やスポーツ紙とバーニングプロなどの大手芸能プロの間には、同様の癒着がある。

 そう考えると、これからもマスコミがこのレコード大賞買収問題を追及することは絶対にないし、この不正はずっと続いていくのだろう。放送局と公益法人が主催する公的なイベントにここまでの不正が発覚しても自浄作用を発揮することさえできないというのは、まさに腐りきった芸能界とマスコミというしかない。
(時田章広)