趣里

写真拡大

映画『秋の理由』が10月29日に公開となり、伊藤洋三郎、佐野和宏、趣里、安藤朋子、木村文洋、小原早織、正木佐和、安部智凛、福間健二監督が新宿K’sシネマで行われた初日舞台挨拶に登壇した。

[動画]『秋の理由』予告編

本作は、60代を迎えてもなお「まだ途中だ。なに1つ終わっていない」とあがく2人の男(伊藤洋三郎、佐野和宏)の友情を軸に、その妻(寺島しのぶ)と、2人の前に突然現れてその三角関係に波紋を投げかける若い女(趣里)を描いた作品。

本の編集者・宮本守役の伊藤は「この映画は見る人によって、見る角度によって全然違うのが1つの魅力だと思う」とコメント。その伊藤扮する編集者と同じオフィスをシェアする編集プロダクションの横山役の正木は「こちらにいらっしゃる佐野和宏さん、木村文洋監督を始め、色んな映画監督たち(瀬々敬久監督、佐藤寿保監督、サトウトシキ監督、いまおかしんじ監督)が出演しているので、ぜひ発見してください」と話した。

福間監督は、伊藤について「“今一番撮りたい男の顔”という感じでキャスティングしたので、顔を撮りにいったけど、手がきれいなんで、手に注目してください。伊藤さんだけじゃなく、みんな手がいい。佐野和宏さんとは長い付き合いだけれど、監督もされていて、芝居もうまいので、毎日驚かされ、助けられた。“佐野アイデア”でやればいけるなというの多かった。作家は書けない時や悩んでいる時、何かを拭いているなと思って、脚本には『雑巾がけ』と書いたのだけれど、佐野さんが『裸でやりたい』と言ってきた。そうなると、監督の仕事は、佐野さんが衣装合わせに持ってきた自前のパンツ3枚の内、どれにしようかと決めること(会場笑い)。どんなパンツを選んだか見てください!」とアピールし会場を沸かせた。

水谷豊と伊藤蘭を両親にもつ趣里は「伊藤さんは紳士でお若い。(撮影当時)60歳というのが信じられない」と話し、司会から「男性としては?」と聞かれると「素敵です」と回答。伊藤が「ちゃんといい家庭で育っているから、ちゃんと褒めてくれてありがとうございます」と恥ずかしそうにお礼を言う場面も。伊藤は「趣里ちゃんに、『趣里ちゃんのお父さん(水谷豊)は僕のことを知っている』という話をして、『何か言ってた?』と聞いたら、『あいつ、いい奴だよ』って言ってたとのことだったので、良かったと思った」というエピソードも語っていた。