音楽好きとしても知られているバラク・オバマ大統領 (c)Imagecollect.

写真拡大

アメリカのバラク・オバマ大統領が、お気に入りのラッパーを明かした。

オバマ大統領は音楽配信サービス「Spotify」に夏のプレイリストを公開するなど音楽好きとして知られており、ヒップホップがお気に入りのジャンルの一つだと以前明かしていた。

そんなオバマ大統領はラジオ番組「Sway in the Morning」で「あなたにとっての現代のトップMC」について聞かれると、次のように語った。「若い人たち、ケンドリック(・ラマー)とチャンス(・ザ・ラッパー)は素晴らしい仕事をしていると思う。ドレイクも大好きだね。娘たちも彼のことが好きで、商業的にも大成功していて、信じられないほど才能に恵まれている。それに、ジェイ・Zは今もキングだ。彼には偉大な実績があるよね。カニエ(・ウェスト)にも同じことが言えて、才能に溢れた人たちがたくさんいる。でも、特に革新的なことをしていると思うのは、ケンドリックとチャンスだよ。2人は素晴らしい音楽を作っている」。【ハリウッドニュース編集部】