『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』(大西明美著・プレジデント社刊)

写真拡大

こんにちは!『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』著者の大西明美です。「男は成功すると、支えてくれた女を捨てる!」というゲス不倫のメカニズムを本著で解明いたしました。今回は書籍の中に書ききれなかった、「職場不倫をする男性の特徴」について解説をしていきます。

■浮気相手、セックス相手は職場に最もいる

2013年に相模ゴム工業株式会社(コンドームで有名)が行った調査によると、浮気相手と出会った場所第1位が同じ会社(21.4%)!

つまり、夫の相手が同僚の可能性が最も高いのです。ただ、職場で不倫をするというのは、他の出会い方と異なり大きなリスクが2つあります。1つは、周りにバレやすいリスクです。職場という人間関係が固定化されている場所での不倫なので、周囲が「異変」に気づきやすいのです。

もう1つのリスク、それは不倫の結果、職場を追われたり、左遷されたりすることです。最近は不倫に対し世の中も厳しくなっています。若い方は知らないかもしれませんが、30年ほど昔、あるコマーシャルで「私はこれ(小指で愛人を表現する)で会社を辞めました」というギャグがありましたが、今はもうリアルです。夫の裏切りによって職場を追われたら妻もたまったものじゃありません。

しかしそうわかっていても、職場不倫をやめない男性がいるのです。実は、職場不倫を犯す危険性をあらわす方程式があります。

職場不倫を犯す危険性=(人間力+若い女好き)×モテ力

不倫を犯す危険性には3つの要素があります。人間力、好み、モテ力だ。「あれ、人間力とモテ力って同じじゃないの?」と思う人がいるかもしれませんが、実はぜんぜん違います。

人間力というのは、その人がいかに人間ができているのかのことです。一方モテ力というのは、人をひきつける力。人間というのは不思議なもので、人間ができていれば必ずしもひきつけられるわけではありません。「いい人止まり」という言葉があるが、まさにこれは人間力があるが、モテ力がない人のことなのです。

逆に、人間力がないのにモテ力がすごい男がいます。例えて言うならば、「魅力的に見える悪い男」です。例えば、最近、関わる女性をみんな不幸にしていると話題のアーティストがいます。不幸にしっぱなしは人間力がないですよね。

3つめの「若い女好き」という要素について説明します。「女性の活躍を!」と叫ばれている昨今においても、出産した女性の約7割が退職してしまいます。これは職場からすると、女性は男性よりも若い状態が保たれるということである。

「男はみんな若い女が好きじゃないか」と思われるかもしれません。しかし実際は若い女性とのジェネレーションギャップから、ときめきどころか苦手意識を感じる男性も少なくなくありません。意外と若いからみんな好き! とはならないのです。(可愛くて若いと多少は仕事の失敗も手加減してもらえそうですが)

さて、この方程式、掛け算になっている部分が1つだけあります。それは「モテ力」です。どんなに好みの女性がいても、どんなに男性に人間力があっても、異性を惹きつける力がなければ不倫は成就しません。1人で不倫は出来ませんから。

■職場不倫を「成功」させてしまう男性の3つのタイプ

では、具体的にどんな男性が職場不倫に「成功」をしてしまうのでしょうか。実は大きく3つのタイプがあります。これから見ていきましょう。

(1)職場結婚をしている(人間力、モテ要素あり)

職場での結婚を成功させているということは、とんでもない悪人と結婚していないかぎり、人間力もモテ力もあったと言えます。方程式に当てはめると、若い女が好きでなくても危険性はゼロにはなりません。

職場で恋愛を成功させている実績を持っているので、不倫という婚外恋愛も成功させる可能性が高いのです。

2016年3月のマイナビウーマンの調査によると、職場結婚をする人の割合が全体の36.5%にも及んでいます。http://news.mynavi.jp/news/2016/03/31/149/

3人に1人以上の男性が該当してしまうのですね。

(2)35歳を過ぎてから20代女性と結婚している(若い女好き、モテ要素あり)

これは、私が婚活の仕事をしているから知っているのですが、20代の女性からすると、35歳を過ぎた男性をほぼ「オジサン」と見ています。つまり、35歳以上の男性は、20代男性に比べて若い女性を射止めるのにハンディを背負っていると言えます。

このハンディを乗り越えて若い女性を伴侶とする力は、かなりのモテ要素になります。

たとえこの男性の人間力が最悪だったとしても若い女好きとモテ要素がある以上、不倫の危険性はゼロにはならないのです。

(3)同僚(特に部下)の窮地を救い、花を持たせる(人間力、モテ要素あり)

基本的に男性は出世をしたいし、自分の手柄が欲しいと思っています。だから部下の窮地を救うどころか、部下の手柄を自分の手柄にしてしまうジャイアンのような人が後を絶ちません(おまえのものは、俺のもの)。

だから部下をサポートし、良い結果が出たら部下の実績としたり、認めて喜ぶことのできる上司は人間ができているとも言えるし、基本的に部下に愛されます。これは、上司がバリバリデキる人である必要はないのです。部下にとっては、上司の仕事ぶりがどんなものかよりも自分の出世や成績にプラスになるかのほうが重要だからです。

これを分かっている上司は、たとえ仕事が出来る人でなくてもモテてしまうのです。特に女性は「あの人ぱっとしないけど、私のこと、いつもサポートしてくれる。私だけがあの人の良さを知っている」と、恋に落ちる人も少なくありません。

このタイプは3つのタイプの中で一番モテ要素が高いタイプです。モテ要素は足し算ではなくて掛け算です。だからここがあがると他の2つのタイプに比べて飛躍的に不倫の危険性が高くなります。

男性のあなたは、これらのタイプに当てはまったら職場不倫の恋に落ちるリスクがあるかもしれません。妻のあなた、夫のタイプの分析は妻にとって重要な仕事です。対策方法は本著にもありますので、ぜひご覧くださると幸いです。

----------

大西明美(おおにし・あけみ)
婚活アドバイザー
2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。20年で4万3000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施。これまで1000人以上の不倫カウンセリングも行う。現在は1日20件以上の婚活メール相談や年間100人以上の直接面接による婚活アドバイスをこなしつつ、「WEBプレジデントウーマン」で働く女性向けの婚活記事を連載するなど、恋愛や婚活、不倫に関する様々な情報を積極的に発信し続けている。著書に『となりの婚活女性は、今日も迷走中』がある。

----------

(婚活アドバイザー 大西明美=文)