北朝鮮の朝鮮中央通信は29日、韓国軍が軍事境界線一帯で「対北心理戦」を行っていると非難する記事を配信した。

同通信によれば、韓国軍は27日から非武装地帯内の江原道(カンウォンド)鉄原(チョロン)郡二吉里(イギルリ)哨所付近に高さ10メートル、幅18メートルの大型電光掲示板を新たに設置。「かつて文字だけを流していたものとは違って動画像まで流す『都心型電光掲示板』を移動式および固定式に設置、運営するとはばかることなくけん伝していたかいらいがその計画の第1段階の実行に取り掛かった」という。

同通信は「『対北心理戦』用の電光掲示板をつくっておいてわが軍隊の対応を誘発させた後、それを口実にして軍事的挑発を合理化しようとしている」としながらも、対北心理戦が続けば、「直接照準打撃を含む無慈悲な報復対応」に出ると威嚇した。