27日、日本の男性と女性・子どものまったく対照的な様子に、中国ネットユーザーがさまざまな声を寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年10月27日、日本の男性と女性・子どものまったく対照的な様子に、中国ネットユーザーがさまざまな声を寄せている。

東方ICは、「日本には、夏暑くても死なない男性、冬寒くても死なない女性子どもがいる」と題する記事を掲載した。これは、中国でもよく話題になる日本人の服装の2つの特徴を指したものだ。

まずは男性。最近では、夏にクールビズが普及し始めたが、一昔前までは日本のサラリーマンと言えば猛暑でもスーツにネクタイという格好で大汗をかくのが当たり前だった。これが、ビジネスウエアにはやや融通のきく中国人にとっては信じられないことのようだ。

次に女性・子ども。日本の女性、特に女子高生が真冬に丈の短いスカートをはいていることが、中国人にとっては驚きなのだ。これは、幼稚園児や小学生が真冬に半ズボンで過ごすことも同様。中国では「冷えは万病の元」という考え方が強いため、女性や子どもが冬に薄着をすることはほとんどない。在日中国人の中には、子どもの幼稚園の制服に長ズボンがないことに驚く人も少なくないという。

この服装文化の違いについて、ネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。夏のスーツについては「ビジネスマナーをきちんと守っていることは素晴らしい」という肯定的な声もあるが、「汗臭くなるだけ」「格好じゃなく商談の中身が大事」という批判的な声もある。一方、女性・子どもの冬の薄着については「おしゃれのためじゃない?」「そんなに太もも出して、お腹痛くならないの?」「年を取れば彼女たちもわかるだろう」「どうりでクレヨンしんちゃんは冬でも半袖短パンなわけだ」といったコメントが寄せられている。

「形式」の日本人と「実利」の中国人、その違いがよく表れていると言えるかもしれない。(翻訳・編集/北田)