Doctors Me(ドクターズミー)- 着床出血を見分ける方法は?出血量や時期について詳しく知ろう

写真拡大

生理予定日前後に出血が起こる場合、妊娠して出血する「着床出血」の可能性があります。

ですがこの着床出血、生理との違いが見分けるのが難しいとも言われています。

妊娠待ちの方も、そうでない方も、妊娠の可能性があるなら知っておきたい着床出血について詳しくまとめました。

要チェック項目


□着床出血は受精卵が着床する際の出血や、ホルモンの影響によっておこります

□着床出血は多くの場合、生理予定日1週間前〜予定日頃に起こる少量の出血です

□着床出血がない場合の方が多いと言われています

着床出血とは

妊娠初期症状の一つに「着床出血」というものがあります。これは医学的には「月経様出血」と言います。

名前の通り生理のような出血が起こる場合があるので、生理との区別がつきにくいと混乱してしまうようです。

では着床出血とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

着床出血の起こる仕組み


考えられる原因は2つあります。一つは、受精卵による組織融解説です。精子と卵子が受精すると、その受精卵は少しづつ子宮に移動します。数日かけて子宮に到着し、そこで子宮内膜にもぐりこんでいきます。

この時に子宮内膜を溶かすことで、中にある血管を壊します。これは血液から栄養を分けてもらうためとも言われています。このため出血が起き、これが漏れることで着床出血になると考えられています。

もう一つはホルモンの影響です。妊娠するとhCG(絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが分泌され、妊娠を維持するための黄体ホルモンが保たれることになります。

しかしこのhCGの分泌量が少ないと、黄体ホルモンが保たれず、生理のような出血が一時的に起こってしまうようです。

着床出血が起こる時期

着床出血が起こる原因によって、着床出血が見られる時期が少しずれるようです。

受精卵の組織融解説の場合


受精卵が着床する際の出血は、ちょうど受精卵が着床する頃である「排卵日から1週間後」くらい、もしくは「生理予定日から1週間前」くらいだと考えられます。

ホルモンの影響の場合


黄体ホルモンの減少によるものの場合には、「生理予定日ころ」の出血になるとみられています。

全体的にみると「生理予定日1週間前ころから生理予定日の頃」に見られるようです。

着床出血の特徴

着床出血の特徴や生理との違いはどのようなものでしょうか。

生理とは違い2〜3日で終わる


通常3〜7日程度の生理とは異なり、着床出血の場合は期間が短いと言われています。2〜3日間くらいだったという人が多いようです。

ただし、ホルモンの影響による出血だった場合には、もう少し長く1週間から数週間続く場合もあるようです。

このような長く続く場合はごく稀ですので、出血が長引いて生理とは違うようならば病院を受診するようにしましょう。

出血量が少ない


生理と比べると明らかに出血量が少ないと感じるようです。出血というよりは、おりものに少し血が混じっていたり、色がついていたりする程度の場合が多いようです。

色がいつもと違う


出血した血液の色が違うという場合があるようですが、これはどうも個人差が大きいようです。
鮮血だったという場合から、茶色いおりものだったと言う場合、普段の生理と変化がなかったという場合まで様々です。

着床出血の見分け方

上記のような着床出血の特徴がありますが、場合によっては本当に整理と区別がつきにくい場合もあります。着床出血かな? と判断するためには以下のような見分け方もあります。

少量で短期間


上でも説明しましたが、ほとんどの場合は出血量が少なく、期間が短いようです。生理かな? と思っても、妊娠に心当たりがあれば少し様子をみてみるのがいいでしょう。

ただし出血の様子だけでは判断はできません。そこで以下のような症状が出ていないかもチェックしてみましょう。

<妊娠初期の諸症状>
妊娠したことで現れる体調の変化です。生理前症候群やカゼに少し似ている場合もありますので、注意してみて下さい。
現れる症状は人によってさまざまですが、一般的には以下の症状があげられます。

・微熱
・身体がだるい、疲れやすい
・つわりのような症状

他にも頭痛や気持ちの揺らぎなどが起こる場合もあります。

<基礎体温で高温期が続く>
最も妊娠の可能性がわかりやすいのが、この基礎体温です。妊娠すると黄体ホルモンが維持されるため、高温期が3週間以上続くと妊娠の可能性があると言われています。

ただし基礎体温は普段から記録を付けていないと、高温期がいつなのか、どれくらいの体温なのかがわかりません。最低でも2〜3カ月は記録をとってみないとわからないでしょう。

生理予定日から約1週間後くらいには市販の妊娠検査薬で妊娠を調べることが可能になります。

着床出血かな? と思った後1週間くらいで検査をしてみるのもいいでしょう。もちろん心配な場合には病院を受診するのもためらわないでくださいね。

着床出血がない場合

着床出血は妊娠すると必ず起こるわけではありません。諸説ありますが妊婦の約3割ほどに見られると言われていたり、50人に1人くらいの1〜2%程度だと言われていたりします。

数字に開きがありますが、ほとんどの方には出血は見られないということになります。もしくは生理予定日の頃の出血のために、着床出血だと気が付かない場合もあるようです。

生理不順の方の場合には気が付かないことも多いとか。

ですから着床出血がないからと言って心配しなくても大丈夫です。妊娠の兆候があったり、心当たりがあるようなら、妊娠検査薬を試してみたり、産婦人科を受診しましょう。

着床出血は後から気が付くことがほとんどだそうです

妊娠を望んでいたりする方には、着床出血などの妊娠兆候がとても気になりますね。ですが、着床出血が見られた場合にその場で気が付くのはかなり難しいようです。

後から考えて、あれは着床出血だったのか、と気が付くパターンが多いようですよ。出血があると気になりますが、注意してその後の生活に気を付けてみましょう。

(監修:Doctors Me 医師)