アメリカの小学校で、先生が生徒たちに質問しました。
「今から述べる名言が、誰のセリフであるかを答えられた人は、明日学校を休んでもいいですよ」

そして最初の名言を述べました。
『我々が恐れるべきものは、恐れることそのものである』

 

On Friday, an elementary school teacher poses her students a challenge...

ひとりの生徒……小さなビリー・トランの手が挙がり、言いました。
「フランクリン・ルーズベルト」(アメリカ32代大統領)

「正解よ、ビリー、明日はお休みよ」

「でも先生、僕はベトナム人なので、教育を大切に思っています。なので明日も登校します」

「わかったわ。ではみんな、もう1つ出題しましょう」

『たいていの人間は逆境を乗り越えられる。だが、本当に人格を試したかったら、その人に権力を与えてみることだ』

今度はスージーの手が挙がりました。
「エイブラハム・リンカーン」

「正解よ、スージー。お休みを楽しんでね」

「まさか先生、私は中国人です。私たちも教育を大切に思っています。明日の朝は早く学校に来ます。」

「くそ移民たちめ!」
突然、声が後ろのほうから聞こえました。

「いったい誰が言ったの!?」
先生はすごい剣幕で聞きました。

「ドナルド・トランプ……」小さなジョニーは言いました。
「じゃあ先生、明後日に会いましょう」


教訓:名言にもいろいろある。

【小学校の教師「この名言の主が誰かを答えられたら、明日はお休みよ」…と言うお話】を全て見る