Doctors Me(ドクターズミー)- 仙骨を温めて婦人科の悩みにさようなら! 女性が知りたい仙骨の大事な役割

写真拡大

仙骨という骨を知っていますか。仙骨は骨盤を構成する重要な部分で、特に女性器官に影響があるとされています。

仙骨がどこにあるのか、生理不順や冷えなど女性特有の症状との関係、ダイエットなど、仙骨にまつわることをまとめてみます。

要チェック項目


□背骨の一番下、腰の下には骨盤がありますが、その中で重要なのが仙骨という逆三角形の骨です。
□仙骨は脊髄の流れをスムーズにし、子宮や卵巣、大腸などの健康にも大きな影響を与えます。
□特に女性の月経などに関わる場所で、温めることでつらい症状が改善されることがあります。

仙骨ってどんなもの?

仙骨の位置


仙骨は脊椎の一番下、骨盤の奥にある三角形をした骨です。脊椎と尾骨のそれぞれにつながっています。腰よりも下にあり、骨盤の一部を形成しています。

骨盤の中心に仙骨、その両脇に腸骨、坐骨、恥骨があり、仙骨の下に尾骨があります。仙骨、腸骨、坐骨、恥骨、尾骨で骨盤と呼びます。

仙骨の働き


仙骨は、背骨とその先にある重い頭を支える重要な器官です。仙骨は、背骨がS字状にきちんと形作る働きを担っています。

仙骨の働きは、脳脊髄液の循環を安定させることです。脳脊髄液とは、脊髄の中を脳から脊髄まで循環していて、神経の伝達機能を担っています。

この循環が乱れると神経伝達に影響を与えます。仙骨はこの循環に合わせて一定のリズムで動いています。この仙骨のリズムが崩れると、脳脊髄液のリズムも狂ってしまいます。

また、仙腸関節という仙骨とその両脇にある腸骨とをつないでいる箇所があり、仙骨の位置がずれないように支えています。これにより背骨を安定させ、中を通る中枢神経を守っています。

仙骨は背骨を支える大切な土台で、血液やリンパなどの流れをスムーズにし、脊髄の神経を保護する働きを担っている部位です。

仙骨が痛くなることがある

痛くなる理由


腰痛の中には、仙骨に痛みが生じているケースがあります。仙骨の付近には神経が集まっているので痛みがでやすい部位でもあります。仙腸関節がズレると神経を圧迫して仙腸関節痛や座骨神経痛などが起こります。

仙腸関節痛の対策


ストレッチが効果的です。
1.うつ伏せに寝る。
2.片足をしっかり伸ばし、そのまま腰から反対側にひねる
3.もう片方も同じように行なう
4.無理のない回数で繰り返す

仙骨がズレるとこんなこともある

仙骨のズレが生じる理由


仙骨の周りにある筋肉が衰えたり、姿勢が悪いなどの生活習慣で仙骨がズレていきます。

症状


仙骨や仙腸関節がズレると、次のような症状が起こることがあります。
・首や肩の凝り
・腰痛
・便秘
・冷え性
・むくみ
・生理痛・生理不順
・顔のゆがみ

こうした症状が出る理由


仙骨は背骨につながっていて、ここがズレていると背骨の歪みが生じることがあります。背骨の歪みは、肩こりに始まり、生理痛や冷え性、むくみといった女性に多いさまざまな症状を引き起こします。

また、仙骨の前にある大腸も影響を受けるので便秘になることもあります。同じように、仙骨に覆われる形で子宮・卵巣があるため影響を大きく受けることになります。

月経痛と仙骨との関係

仙骨が影響を与える理由


仙骨を正しい位置に戻すことで、月経痛が緩和されることがあります。女性の骨盤は子宮・卵巣を覆うように位置していて近いので、仙骨のズレは子宮や卵巣にダイレクトに影響を与えてしまうのです。

仙骨と子宮とは靭帯でつながっており、出産のときにはこの靭帯が伸びて赤ちゃんが出やすくなります。

卵巣はエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンを作る場所なので、仙骨のズレで影響を受けると女性ホルモンのバランスが崩れることになります。

仙骨のズレを直し、正しい位置に矯正することで、次のような女性の不調を改善することに役立ちます。
・月経前症候群(PMS)
・月経痛
・子宮内膜症
・子宮筋腫
・卵巣嚢腫

月経痛を緩和する方法


具体的な対策としては、仙骨を温めます。仙骨周りにカイロを貼ったり、半身浴もしくは足湯をして温めます。

仙骨でダイエットできる?

仙骨ダイエットとは


仙骨の働きに注目して、仙骨ダイエットというものがあります。仙骨の周りにある筋肉を鍛えてズレを最小限にしてダイエット効果につなげようというものです。

仙骨は血流にも関係があるので、仙骨がズレると新陳代謝が悪くなり、結果太りやすくなるからです。

仙骨ダイエットの方法


1.イスに浅く座り、両手で椅子を支えながら両足を前に伸ばします。
2.両足を揃えたまま、体のほうへ引き寄せます。
3.これを無理のない回数で繰り返します。
4.次に、つま先を開いて開脚しながら両足を前に伸ばします。
5.そのまま両足を体のほうへ引き寄せます。
6.これを無理のない回数で繰り返します。

仙骨は女性にとっては特に大事

仙骨は目立たない場所にありますが、背骨を支えるとても重要な役割を果たしているところです。

仙骨は骨盤の一部なので、骨盤が守っている子宮や卵巣の機能に大きな影響を与えます。

仙骨を温めることで月経痛が軽減したり、ダイエットに役立つこともあります。

仙骨のケアをすることで女性は体調管理につながります。

(監修:Doctors Me 医師)